VBA 数値の小数部分を得るユーザー定義関数

 Excel で数値の小数部分を得たいときは、小数点以下を捨てる TRUNC 関数を使って

数値 - TRUNC(数値)

とするだけなので大した手間でもないですが、少しでも楽をしたいという人のために、ファンクションマクロ(ユーザー定義関数)を作っておきました。標準モジュールに貼りつけておけば普通のエクセル関数と同じように使えます。
 

数値の小数部分を得るファンクションマクロ

 VBA で小数点以下を切り捨てる Fix 関数を使います。

 Function DECPLACE(x As Double) As Double
  DECPLACE = x - Fix(x)
 End Function

 この関数を使いたい時はワークシートのセルに

=DECPLACE(数値)

と入力します。たとえば

=DECPLACE(2.4)

とすると小数部分の「 0.4 」が返ってきます。負数も試しておきましょう。

=DECPLACE(-3.8)

と入力すれば「 -0.8 」が戻ります。ちなみに DECPLACE は英語の DECIMALPLACE(小数部分)の略です。

 ≫ VBA 数学マクロ

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください