不等式の証明(解答前に具体的な数値で確認してみましょう)

[問題 AG-10] 不等式の証明

 次の不等式を証明してください。

\[a^2+b^2+c^2 \geq ab+bc+ca\]

問題 AG-10 のヒント

 この種の不等式の証明の定石は平方完成ですけど、この問題でそんなことすると大変です。もっと巧みな変形方法がありますよ。等号成立条件も忘れずに!

解答の準備

 こういう問題を見たときは、解答前に具体的な数値で確認しながら感覚を掴んでおきましょう。a = b = c = 1 としてみると

左辺 = 3, 右辺 = 3

となって両辺が等しくなっています。このことから「たぶん、a = b = c のときに等号が成立するんじゃないかなあ」と予測が立てられます。念のために a = b = c = 2 としても両辺は等しいことがわかります。 a = b = 1, c = 2 であれば

左辺 = 6, 右辺 = 5

となって確かに (左辺) > (右辺) となっています。

≫ [Amazon 数学書籍広告] 数論の演習書
[内容:パデ近似/合流型超幾何関数/代数的数/無理測度/イデアルのノルム/トレース/単数/数体の類数/ジーゲルの補題]

問題 AG-10 の解答

 左辺と右辺をそれぞれ
 
\[A=a^2+b^2+c^2,\quad B=ab+bc+ca\]
とおいて、 A - B ≧ 0 であることを示します。
 
\[A-B=a^2+b^2+c^2-ab-bc-ca\]
 この式の形から \((a-b)^2=a^2-2ab+b^2\) の公式が使えないかと考えます。
 そこで全体を 2 倍して 2 で割ってみると
 
\[\begin{align*}
A-B=&\frac{1}{2}\:(2a^2+2b^2+2c^2-2ab-2bc-2ca)\\[6pt]
=&\frac{1}{2} \: \{(a^2-2ab+b^2)+(b^2-2bc+c^2)+(c^2-2ca+a^2)\}\\[6pt]
=& \frac{1}{2}\: \{(a-b)^2+(b-c)^2+(c-a)^2 \geq0\}\end{align*}\]
となって A - B ≧ 0 が証明されました。等号は

\(a-b=0\) かつ \(b-c=0\) かつ \(c-a=0\)

のとき、すなわち \(a-b=c\) のときに成立します。

 ≫ [問題11] 平方根の和 ≫ 数学演習問題

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。