階差数列 隣り合う 2 項間の差をとります

階差数列 Progression of differences

 隣り合う 2 項間の差をとって

\[a_{n+1}-a_n=b_n\]のように定義された数列 \(b_n\) をもとの数列 \(a_n\) の 階差数列 (progression of differences) とよびます。一見して数列の規則性が見えにくい場合でも、階差数列を考えることにより元の数列の規則性(一般項)をつきとめることができる場合もあります。

\[a_{n+1}=a_n+b_n\]ですから、初項から順に書き並べると

\[\begin{align*}&a_1\\[6pt]
&a_2=a_1+b_1\\[6pt]
&a_3=a_1+b_1+b_2\\[6pt]
&a_4=a_1+b_1+b_2+b_3\\[6pt]
&\cdots \cdots \cdots\\[6pt]
&a_n=a_1+b_1+b_2+b_3+\: \cdots \: +b_{n-1}\end{align*}\]
のようになるので、数列 \(a_n\) の一般項は

\[a_n=a_1+\sum_{k=1}^{n-1}b_k=a_1+\sum_{k=1}^{n-1}(a_{k+1}-a_k)\]

と表すことができます。

階差数列の例①

 次のような数列を考えてみます。

\[1,\:2,\:4,\:7,\:11,\:16,\: \cdots\] 隣り合う 2 項間の差をとってみると

\[1,\:2,\:3,\:4,\:5,\:6,\: \cdots\]となっていますね。ですから階差数列の一般項は

\[b_n = n\]という等差数列になっています。よって \(a_n\) の一般項は

\[a_n=1+\sum_{k=1}^{n-1}k\]と表せます。等差数列の和の公式を用いると

\[a_n=1+\frac{1}{2}(n-1)n=\frac{1}{2}(n^2-n+2)\]となります。実際に検算してみると

\[\begin{align*}&a_1=\frac{1}{2}(1^2-1+2)=1\\[6pt]
&a_2=\frac{1}{2}(2^2-2+2)=2\\[6pt]
&a_3=\frac{1}{2}(3^2-3+2)=4\end{align*}\]となって、確かに先ほどの数列と一致していますね。

階差数列の例②

 平方数を順に並べた数列 \(a_n=n^2\)

\[1,\:4,\:9,\:16,\:25,\:36,\: \cdots\]の階差をとってみると

\[3,\:5,\:7,\:9,\:11,\: \cdots\]となって、これは初項 3, 公差 2 の等差数列です。もとの数列の形 \(a_n=n^2\) はすでにわかっていますが、あえて階差を用いて一般項を求めてみると ......

\[a_n=1+\frac{1}{2}(n-1)\{2\cdot3+2(n-2)\}=n^2\]となるので、確かに合っています。

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。