WinPython の最新版 3.7.0 が動かない

Python はじめました

 VBA ばかりやっていてもマンネリになってきたので、別の言語も触ってみたいなと思うようになった今日この頃です。
「昔やっていた C++ にしようかな。Javascript をもっと体系的に学んでみようかな。やっぱり今は Java がイケてるんじゃないかな」
とあれこれ悩みつつ、少し前から気になっていた Python を試してみることにしました。なにしろ、Python は数学と相性が抜群に良く、数値計算ライブラリも充実しているらしいです。最近は人工知能の開発にも活躍していますね。
 

WinPython をダウンロード & インストール

 せっかくならばと欲張って、色々なパッケージや開発環境も詰め合わせになっている WinPython の最新版 3.7.0 をダウンロードしてインストールしました。とんでもなく大きなサイズのファイルなので相当な時間がかかりましたけど、何はともあれインストールは無事終了。

 Python をインストールしたディレクトリに PATH を設定しておかなくてはならないようなので、システム環境変数の編集画面で新しい PATH を追加しておきました。
 

WinPython の最新版が動かない

「これで準備万端! いざ Python 始動!」
と意気込んで spyder の実行ファイルをダブルクリックしてみると ......

 api-ms-win-crt-runtime-|1-1-0.dll が無いためプログラムを開始できません。再インストールすると問題を解決できる場合があります

というエラーメッセージが表示されて、がっくり肩を落としました。調べてみたところ、これはどうも OS (Windows7) の不具合によるものらしく、マイクロソフトのサイトに行って Visual Studio 2015 の Visual C++ 再頒布可能パッケージをインストールすれば修正できるとのこと。その通りにしてから、
「今度こそ Python 始動!」
と実行ファイルをダブルクリックです。今度は起動画面が現れてしばらくしてから

 問題が発生したのでプログラムを終了します

というエラーメッセージです。
「...... やる気が失せてきた。WinPython あかんわ。バージョン落として、もう一度ダウンロードからやり直しかな ...... 」
 頭を抱えてあれこれ悩みましたが、ここはやっぱりオーソドックスに Anaconda というパッケージをダウンロードしてみることにしました。それを今からやるので、続きは次回記事でお話します。

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください