Excel の LOG関数と LOG10関数、LN関数で対数を計算します

 対数関数 (logarithm) は指数関数の逆数として定義されています。

x = ay ⇔ y = loga x

 a を とよび、特に底を 10 とする

y = log10 x

を常用対数 (common logarithm) 、底をネイピア数 e とする

y = loge x

を自然対数 (natural logarithm) とよびます。ネイピア数 e は

e = 2.7182818 ......

という定数で、EXP関数を用いて

=EXP(1)

で 15 桁までの値を知ることができます。エクセルには対数を求めるために、LOG(ログ), LN(ログナチュラル), LOG10(ログテン) という関数が用意されています。
 

LOG関数

 LOG関数は

=LOG(数値,底)

のように入力して「第2引数を底とする第1引数の対数の値」を得ます。数値、底ともに正の値を指定します。たとえば

=LOG(8,2)

と入力すると log2 8 を計算して「 3 」を返します。
 

LOG10関数

 LOG10関数は

=LOG(数値)

と記述して「10を底とする常用対数の値」を得ます。引数に 0 または負の値を指定すると「 #NUM! 」のエラーが返ります。たとえば

=LOG10(10)

と入力すると log10 10 を計算して「 1 」を返します。
 

LN関数

 LN関数は

=LOG(数値)

と記述して「数値を底とする自然対数の値」を得ます。引数に 0 または負の値を指定するとエラーとなります。たとえば

=LN(10)

と入力すると loge 10 を計算して「 2.302 ... 」を返します。 e のべき乗を計算する EXP関数を用いて

=LN(EXP(1))

と入力すると loge e を計算して「 1 」を得ます。 ≫ Excel 数学講座

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください