大学入試に合格するための、おすすめ数学問題集

 大学受験数学のおすすめ問題集 を紹介します。

1対1対応の演習(大学への数学 1対1シリーズ)

1対1対応の演習/数学1 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

新品価格
¥1,188から
(2017/7/27 16:40時点)

1対1対応の演習/数学II 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

新品価格
¥1,620から
(2017/7/27 16:39時点)

1対1対応の演習/数学A 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

新品価格
¥980から
(2017/7/27 16:40時点)

1対1対応の演習/数学B 新訂版 (大学への数学 1対1シリーズ)

新品価格
¥1,188から
(2017/7/27 16:41時点)

1対1対応の演習/数学3 微積分編 (大学への数学 1対1シリーズ)

新品価格
¥1,500から
(2017/7/27 16:41時点)

1対1対応の演習/数学3 曲線・複素数編 (大学への数学 1対1シリーズ)

新品価格
¥1,100から
(2017/7/27 16:42時点)

 本書は教科書や他の参考書などで一通りの基礎を身に着けた人が、さらにステップアップするための、中~上級者向けの高校数学演習書です。解説はシンプルで一見すると不親切なように思えますが、それはすでに読者に相応の基礎があるとみなしたうえで、不要な情報を省いているからです。ですからまだ教科書の理解が不十分な段階ではこの本に手を出さないようにしてください。何事もステップ・バイ・ステップ、焦らずに一歩ずつです。

 本書はその問題を解く上で最も重要なポイントに絞って解説してあるので、基礎力が十分ある人にとっては、とてもすっきりと読みやすい解説になっています。不要な情報がないので、解法プロセスが辿りやすく、また入試における答案の書き方の訓練にもなるはずです。本書に載っている問題数はかなり絞られています。とはいえ、この本を読み始める段階で、これまで相当な数の問題をこなしてきたはずです。入試に備えた最後の仕上げとしては、これぐらいで丁度良いはずです。
 

東大数学で1点でも多く取る方法 [理系編]

東大数学で1点でも多く取る方法 理系編

中古価格
¥1から
(2017/8/1 16:57時点)

 数学の問題を解く楽しさの1つには「計算を多用せずとも正解に辿り着くことのできる明快な道筋を発見する」ことですね。そうした道筋を見つけられる人は数学的センスがあるし、また多くの大学入試問題もそうした解法を1つか2つは用意して、受験者のセンスを見極めようとしているわけです。

 しかし、そうはいっても、がちがちに緊張している入試本番で エレガントな解法を思いつくとは限らない わけです。そういう解法を探し出すことにこだわりすぎると、試験時間は刻一刻と無くなっていくわけですから、やはりどこかで見切りをつけて、泥臭くてもいいから正解に近づく努力をしなくてはいけません。本書はまさにそういう「普通に数学を勉強してきた人であれば必ず思いつくであろう」解法を載せた参考書なのです。

 受験参考書や問題集というのは、その道のプロが書いているので、思わず「おお! こんな方法があったのか!」とうなるような達人業が載っていたりします。しかし、そんな解法を受験生がそうそう思いつくわけもなく、解答を見ては「ああ、自分はダメだなあ」と必要のない自己嫌悪に陥ってしまうこともしばしばあります。でも思いつかないほうが普通なのであって、そんなことに悩むぐらいなら、本書を手に取ってまさに「泥臭くても1点をとる」ための努力をするべきです。

 東大入試の合格最低ラインの得点は5割前後であり、このあたりでは多くの受験生が1点を争うし烈な得点分布となっています。この1点を取るためには、完答できなくても、こまめに部分点を稼いでいくしかありません。本書はまさにこの「1点」をとるための指南書なのです。東大を目指す皆さんは「1点を笑う者は1点に泣く」という格言を肝に銘じて入試に備えましょう。 ≫ 数学と科学の本棚

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください