ポアソン分布(発生確率小さい事象に適用します)

 

平均値を一定に保った 2 項分布の様子
 Binomial distribution with a constant mean

 下の図は平均値 $\mu=np=2$ を維持したまま試行回数 $n$ と成功率 $p$ を変化させた 2 項分布 $Bin(n,p)$ の確率密度のグラフです。

 Excel2項分布からポアソン分布

 3 つのグラフはほとんど重なっていて、似たような分布をしていることがわかります。成功率 2 % の試行を 10 回繰り返すことと、成功率 1 % の試行を 20 回繰り返すことは、平均値 2 の周囲にほぼ同じ分布が広がるであろうことは直感にも一致しています。
 

ポアソン分布 Poisson distribution

 このように平均値 $\mu=np$ を一定に保ちながら $n\rightarrow \infty$ の極限をとると ($n$ を大きくしたぶん、同時に $p$ も小さくしなければなりません) 、 2 項分布の分布曲線は ポアソン分布 (Poisson distribution) と呼ばれる

\[f(x)=\frac{\mu^x}{x!}e^{-x}\tag{A}\]\[\sigma^2=\mu,\quad \sigma=\sqrt{\mu}\]

に近づいていきます。もちろん現実問題では試行回数を無限大にすることはできませんが、$n$ を十分に大きくとると、ほぼこの曲線にのるということです。

ポアソン分布(A) の証明

  2 項分布の確率密度は
 
\[f(x)={}_n\mathrm{C}_x\:p^x(1-p)^{n-x}\]
で与えられます。平均値は $\mu=np$ なので
 
\[\begin{align*}f(x)&=\frac{n(n-1)\cdots [n-(x-1)]}{x!}\left(\frac{\mu}{n}\right)^x\left( 1-\frac{\mu}{n}\right)^{n-x}\\[6pt]&=\frac{\mu^x}{x!}\left( 1-\frac{1}{n}\right)\left( 1-\frac{2}{n}\right)\cdots\left( 1-\frac{x-1}{n}\right)\left\{ \left( 1-\frac{\mu}{n}\right)^{-n/\mu}\right\}^{-\mu}\left( 1-\frac{\mu}{n}\right)^{-x}\end{align*}\]
 ここで $-n/\mu=t$ とおくと、$n\rightarrow \infty$ としたとき、$t\rightarrow -\infty$ なので
 
\[\lim_{n\rightarrow \infty}\left( 1-\frac{\mu}{n}\right)^{-n/\mu}=\lim_{t\rightarrow -\infty}\left( 1+\frac{1}{t}\right)^t=e\]
となり、ポアソン分布
 
\[f(x)=\frac{\mu^x}{x!}e^{-x}\tag{A}\]
が得られます。ポアソン分布は発生確率 $p$ が非常に小さい事象(交通事故の発生回数など)に対して良い近似値を与えます。

ポアソン分布の分散と標準偏差

 2 項分布の分散は
 
\[\sigma^2=np(1-p)=\mu\left( 1-\frac{\mu}{n}\right)\]
で与えられるので、$n\rightarrow \infty$ の極限をとれば $\sigma^2=\mu$ となって平均に等しいことがわかります。また標準偏差は $\sigma=\sqrt{\mu}$ となります。
 

Excel でポアソン分布を調べます

 Excel には $x$ と $\mu$ を与えてポアソン分布にしたがう確率値を返す POISSON.DIST関数 が用意されています (Excel 2007 以前のバージョンでは POISSON関数) 。

=POISSON.DIST(x,μ,関数形式)

 3 つめの引数(関数形式)を 0 あるいは FALSE に指定すると確率密度 $f(x)$、1 または TRUE を指定すると累積分布 $F(x)$ を返します。この関数を用いてポアソン分布の確率密度のグラフを描くと次のようになります。

 Excelポアソン分布

 平均値 $\mu$ の増加にともなって、グラフは幅を広げながら右下へ移動します。試行回数 $n$ は無限にとっているのに、実現回数は数回程度であることがわかります。また累積分布関数は下図のようになります。

 Excelポアソン累積分布

 たとえば平均が $\mu=4.0$ であれば、$X\leq3$ である確率は約 40%, $X\leq5$ である確率は約 80% となります。 ≫ 数学事典

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください