エクセルで掛け算します
(* 演算子は + , -演算子よりも優先されます)

 エクセルで 数値の積 を得るには算術演算子「 * 」(アスタリスク)を用いる方法と、PRODUCT関数 を使う方法があります。また、複素数同士の積は IMPRODUCT関数 で求めます。
 

アスタリスク

 「 * 」は数学における乗算記号の「×」に相当するものです。

=12*4

と入力すると 12 と 4 を乗算して 48 を返します。負の値を掛けるとき、たとえば数学では 7 × (-2) と書くべき計算式はエクセルでは ( ) を省略して

=7*-3

と記述することが許されます。ただし可読性の観点から慣習に沿って

=7*(-3)

としたほうが良いかもしれません。「 * 」の演算は「 + 」や「 - 」よりも優先的に処理されます。たとえば

=7+5*2

は 5 に 2 を掛けてから 7 を加えて 17 と返してきます。しかし累乗演算「 ^ 」(キャレット)は「 * 」よりも優先されます。

=5*2^3

は 2 を 3 乗してから 5 をかけて 40 を得ます。

計算例① log 2π

 log 2π を計算するには LN関数を使って

=LN(2*PI())

のように書きます。 PI() は円周率です。
 

PRODUCT関数

 PRODUCT関数 は数値を乗算する関数ですが、演算子「 * 」よりも複雑な処理をさせることができます。PRODUCT関数は

=PRODUCT(数値1[,数値2, ...])

のように記述し、数値1, 数値2, ... の連続した積を得ます。例えば

=PRODUCT(4,5,6)

と入力すると 4 と 5 と 6 を全て掛け合わせて 120 という値を得ます。引数は配列で指定することもできます。たとえばセル A1, A2, A3, ..., A10 に数値が入っている場合、

=PRODUCT(A1:A10)

とすれば、セル A1 から A10 の全ての積を計算します。引数に配列と数値を併用することも可能です。たとえば

=PRODUCT(A1:A10,2)

と入力すると、セル A1 から A10 の全ての積を計算し、さらに 2 を乗じた値を返します。
 

IMPRODUCT関数

 IMPRODUCT関数 は複素数同士の積を計算します。

=IMPRODUCT(複素数1[,複素数2, ...])

 引数の複素数は「 "a+bi" 」の形で指定します。たとえば

=IMPRODUCT("1+i","2+5i")

と入力すると 1 + i と 2 + 5i の積を計算して - 3 + 7i を返します。

計算例② 2(1 - i)(2 + 3i)

 複素数形式と普通の数値を合わせて用いることもできます。

=IMPRODUCT("1-i","2+3i",2)

と入力しすると 2(1 - i)(2 + 3i) を計算して 10 + 2i を返します。

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。