背理法(帰謬法)による証明問題

背理法 Proof by Contradiction

 ある命題 $P$ が成り立たないと仮定して、矛盾が生じたとします。それはつまり仮定が間違っていたということで、やはり命題 $P$ は正しかったのだと結論できます。このような証明法を 背理法 (proof by contradiction) とよびます。あるいは難しい言葉で 帰謬法 (reduction to absurdity) とよぶこともあります。

 

[問題 AG-01] 無理数であることの証明

(1) $n^2$ が偶数ならば $n$ は偶数であることを証明してください。

(2) $\sqrt{2}$ が無理数であることを証明してください。

(3) $1 + \sqrt{2}$ が無理数であることを証明してください。

問題 AG-01 のヒント

 おそらく数千年前から存在する有名な問題ですが、無理数の無理数たる所以(?)の証明法を知っておくことは大切なので、代数学問題集の第 1 問に採用しました。(1) は (2) の準備問題で、おまけのようなものです。つまり (2) では (1) で証明したことを使えるような展開に持ち込めばよいのですが、それを知ってもやっぱり (2) は難しいです。(2) が解けたら、(3) は易しい問題です。

 ≫ [Amazon 数学書籍] 理系数学良問プラチカ 数学1・A・2・B (河合塾精選問題集)
 ≫ [Amazon 数学書籍] チャート式センター試験対策数学(1A + 2B)

問題 AG-01 の解答

(1) そのままでは証明しにくいので、与えられた命題

n2 が偶数ならば n は偶数である

の対偶をとって

n が奇数ならば n2 は奇数である

を証明します。これは簡単です。n = 2 k + 1 とおくと

n2 = (2 k + 1)2 = 4 k (k + 1) + 1

ですから、 n2 も奇数となっています。よって、もとの命題も真です。(証明終わり)

(2) 背理法で証明します。つまり √2 を有理数だと仮定するのです。有理数であることの定義は、互いに素である(最大公約数が 1 である)数 p, q によって

√2 = q / p

という形に書けるということです。両辺を 2 乗して整理すると、

2 p2 = q2

ですから、 q2 は偶数です。(1) で証明したように q もまた偶数となるので q = 2 m とおくと

p2 = 2 m2

という式が得られます。ですから p も偶数ということになります。しかしそうすると、p と q の最大公約数が 2 となって、互いに素であるという仮定に反します。よってこの仮定自体が誤りであり、 √2 は無理数だということになります。(証明終わり)

(3) これも背理法で証明します。

1 + √2 = α

とおいて、α が有理数であると仮定します。 1 を右辺に移項して

√2 = α - 1

とすると、右辺は有理数の差ですから有理数となっているはずです。しかし左辺は (2) で無理数だと示されているのですから、これは明らかに矛盾しています。ゆえに 1 + √2 は無理数です。(証明終わり)
 

[問題 AG-02] 有理数が満たす条件

 $a,\: b\:, c$ を有理数とします。
\[a + b\sqrt{2} + c \sqrt{3} = 0\]ならば $a = b = c = 0$ でなければならないことを証明してください。

問題 AG-02 のヒント

 まず $a = 0$ 、それから $b = 0,\:c = 0$ と順に証明します。

 ≫ [Amazon 数学書籍] Excelによる線形代数入門
 ≫ [Amazon 数学書籍] 代数学 体とガロア理論 (大学数学の入門)

問題 AG-02 の解答

 $a = b = 0$ から $ab = 0$ を連想します。これは $a,\: b$ のどちらか一方が $0$ という意味ですから、与えられた条件とは異なります。しかしともかくも解答の取っ掛かりにはなりそうです。そこで $a b$ を引張り出すべく条件式を
 
\[a + b \sqrt{2} = -c\sqrt{3}\tag{1}\]
と書いてみます。両辺を 2 乗して式を変形していきます。
 
\[\begin{align*}&a^2+2ab\sqrt{2}b^2=3c^2\tag{2}\\[6pt]
&2ab\sqrt{2}=3c^2-2b^2-a^2\tag{3}\end{align*}\]
 ここで $a b \neq 0$ を仮定すると
 
\[\sqrt{2}=\frac{3c^2-2b^2-a^2}{ab}\]
となりますが、左辺は無理数、右辺は有理数となって明らかに矛盾しています。なので、すくなくとも $a b = 0$ が成り立つことがわかります。すると (3) から
 
\[3c^2-2b^2-a^2=0\tag{4}\]
という式が得られます。今度は条件式を
 
\[a+c\sqrt{3}=-b\sqrt{2}\tag{5}\]
と書いて、2 乗して整理すると
 
\[2ac\sqrt{3}=2b^2-3c^2-a^2\tag{6}\]
が得られます。やはり $a c\neq 0$ と仮定すると矛盾しますので、$a c = 0$ となって、
 
\[2b^2-3c^2-a^2=0\tag{7}\]
という式が得られます。 (4) と (7) を加えると
 
\[a^2=0\]
すなわち $a=0$ となります。すると条件式は $b \neq 0$ を仮定すると
 
\[\frac{c}{b}=-\frac{\sqrt{2}}{\sqrt{3}}\]
となりますが、これもまた左辺が無理数、右辺が有理数となって矛盾です。よって $b$ もやはり $0$ ということになり、結局、
 
\[a = b = c = 0\]
でなければならないことが示されました。(証明終わり)

 ≫ 数学問題集

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください