3 で割ると 2 余り、7 で割ると 6 余る 3 桁の正整数

[問題 NT-09] 条件に合う整数はいくつ?

 3 で割ると 2 が余り、7 で割ると 6 余る 3 桁の正の整数は全部でいくつありますか。

問題 NT-09 のヒント

 ちょっとだけ細工をしてみると ......

チャレンジ!整数の問題199

中古価格
¥1,922から
(2017/9/1 13:35時点)

問題 NT-09 の解答

 3 で割ると 2 が余る数は

n = 3 a + 2   ( a は正の整数)

と表せます。同じように n は 7 で割ると 6 余るので

n = 7 b + 6   ( b は正の整数)

と書くこともできます。そこで n に 1 を加えてみると

n + 1 = 3 a + 3 = 3 (a + 1)
n + 1 = 7 b + 7 = 7 (b + 1)

というように、 n + 1 は 3 と 7 の両方で割り切れる数であることがわかります。つまり n + 1 は 3 と 7 の最小公倍数 21 の倍数なので、

n + 1 = 21 k   ( k は正の整数)

とおくことができます。 99 ≦ n ≦ 999 ですから、

101 ≦ 21 k ≦ 1000 ⇔ 5 ≦ k ≦ 47

というように k のとりうる範囲が定まります。よって問題の条件を満たす数は

47 - 5 + 1 = 43 個

あることがわかります。

問題 NT-09 の別解

 代入連立方程式という手法で解いてみます。

3 a + 2 = 7 b + 6 ⇔ 3 a - 7 b = 4   [*]

 この方程式を満たす解を1つだけ見つけます:

(a, b) = (6, 2)

 これを [*] に代入して [*] と並べます。

3 a - 7 b = 4
3・6 - 7・2 = 4

 上式から下式を引き算して整理すると

3 (a - 6) = 7 (b - 2)

 よって b - 2 は 3 の倍数であることがわかるので

b = 3 k + 2

とおいて、

N = 7(3 k + 2) + 6 = 21 k + 20

 100 ≦ N ≦ 999 なので

80 ≦ 21 k ≦ 970 ⇒ 4 ≦ k ≦ 46

となります。よって k の個数は

46 - 4 + 1 = 43 個

となります。 ≫ [問題10] 完全数 ≫ 数学演習問題

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。