数学の必勝勉強法?

 私自身が実践してきた数学勉強方法をまとめておきましたので参考にしてください。
 今でも問題を作成するときなどは同じようなスタイルで続けていますよ。
 
 ここで紹介するのは解いた端から紙を捨てていく ぽいぽい学習法 です。
 いえ。学校で使う数学ノートを「ぽいぽい」するわけじゃありませんよ。それは大切にとっておいてください。ここでお話するのは市販の問題集を使うときの姿勢です。

 几帳面な人ほど、問題集専用ノートなどを用意して、きれいな字で解答を書き込み、解いた後には間違ったところに赤ペンで注意書きをする、なんてことをしたりしますけど、それではたくさんの時間を無駄にしてしまうし、精神的に消耗してしまいます。ですからぜひこの ぽいぽい学習法 をマスターして気楽に問題を解くようにしてください。
 

紙を掻き集めます

 問題集を解くときには、まずどこかに「要らない紙」がないかどうかを探しましょう。学校でもらったプリントの裏とか、広告の裏(いまどきは裏が白いものはなかなかないですけど)とか、三日坊主に終わった日記帳とか、何でもいいので「使ったあとには気がねなく捨てられる紙」を掻き集めます。足りない場合は家族からも分けてもらいましょう。

 それでも足りない場合は、身銭を切って真白な OA 用紙を買いましょう。
 ビックカメラなどで 500 枚1組ぐらいのプリンター用紙が安く売っていたりするので、ポイントカードなどを利用して、まとめて買い込んでおきます。新しいノートを買うよりはずっと安上がりです。
 

やさしい問題集を選んでね

 問題集と大量の紙を用意できたら、気合いを入れてバリバリ解き始めましょう。このとき第1問からいきなり手が止まるような問題が載っていたとしたら、それは明らかに問題集の選び方を間違えています。これについてはまた別の機会にお話するつもりですが、とにかく最初のうちは「えー!? こんなに簡単でいいのー?」と言いたくなるぐらい、やさしいものを選びましょう。実際、数学というのは、やさしい問題を繰り返しているだけでも定理や公式の使い方が記憶に定着するので、標準以上のところまで学力が伸びるものなのです。
 

消しゴムを使わない

 消しゴムで文字を消す時間と労力は無駄以外の何ものでもありません。どうせ解いたら捨てる答案に消しゴムなんて使う必要は全くありません。「あ、間違えた!」と思ったら、二重線を引いて、その下に正しい数式を書き始めればいいのです。長い数式の途中で間違えたら誤字のところだけ二重線で消して、そのうえにちょこっと訂正の字を入れておきましょう。
 

解いた問題はぽいぽい捨てましょう

 解いたら答え合わせをします(当たり前です)。合っていたら「やったー!」と叫んで紙を丸めてぽいと捨てます。でも裏面がまだ白かったら、さすがに勿体ないのでひっくり返して使います。間違っていたら解答例を紙に写し取ります。ここが一番大切な時間です。解法の仕組み、使っている定理・公式などをしっかり確認して理解するようにしましょう。それが終わったら、やっぱりぽいと捨てて、その問題をもう1度解きます。そして合っていたら「ぽい」と捨て、間違っていたらまた解答例を写し取ります。

 でも同じ問題を解くのは2度までにしておきます。同ことばかり繰り返していると、脳が「飽きたよ」という信号を発して学習の意欲を削いでしまうのです。解けなかった問題には印だけつけて先に進みましょう。

 「これは大事なことだからとっておこう」とか思わないように!
 数学の定理や概念、解法のポイントなどは、頭の中に残さないと意味がないのです。大事なことであれば、この先の問題でも繰り返し現れるはずなので、いくらでも目にする機会があるはずです。いちいち紙に記録しておく必要はありません。

 解いたらぽい、解いたらぽい、と繰り返しているとリズムができます。
 そうすると気分が乗って、どんどん問題を解いて、成績アップも間違いなしです! 皆さんもぜひこの ぽいぽい学習法 を試してみてくださいね!

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。