y = tanθ のグラフを描きます

 新しいシートを用意してください。
 今回は y = tanθ のグラフに挑戦です!
 

発散の様子を上手く表現します

 sinθ や cosθ に比べて、 tanθ はとても厄介な関数です。その理由は無限大に発散する関数だからです。とりあえず -90° ≦ θ ≦ 90° という範囲に限定して考えると、

θ → -90° : tanθ → -∞
θ →  90° : tanθ → + ∞

となりますね。数値計算では ∞ という概念を正確に再現することはできません(それは紙に描いたグラフでも同じですが)。そこで、この発散の様子を「いかにもそれらしく」描かせるというテクニックが必要になってきます。

 区間の両端で急勾配をとる関数ですから、 θ の小さな変化に対して y の変化がとても大きいということです。あまり大刻みなデータを作るとグラフがギザギザになってしまいます。 Excel には各点を滑らかにつなぐ「平滑線作成」機能が備わっていますが、あまりに大雑把なデータを入れると、やはりギザギザなグラフを出力します。そこで θ の増分 ⊿θ をなるべく小さくすることによって、滑らかなグラフの再現を試みてみます。
 

y = tanθ のグラフを描いてみましょう

 まず -90°に近いところのデータを作ります。

=tan(radians(-90))

はエラーを返されるので -90 をデータから除外しておきます。セル A2 には「-89.9 」というぎりぎりの値を入力しておきます。 A3 には「-89.8 」と入れておきます。そして値が -89 になるまでオートフィル。これで + 0.1° 刻みのデータが埋め込まれました。

 -89 から + 89 までは 1° 刻みでデータを作成します。前回までの 10° 刻みに比べるとデータの数が多いので、オートフィルではなく別の方法でデータ系列を作ります。「ホーム」タブをクリックして上部右端のほうにある "↓" マークのついた「フィル」を選択します。縦にメニューが表示されるので、「連続データの作成」を選びます。

 Excel連続データ作成1

 すると次のような画面が現れるので、範囲の「列」にチェックを入れ、増分値に「 1 」、停止値に「 89 」と入力して、「 OK 」ボタンをクリックします。

 Excel連続データ作成2

 これで 1° 刻みで 89 までのデータが入ります。残りのデータを作りましょう。下のほうへ画面をスクロールして、セル A 190 に「 89.1 」と入力し、セル A189 と A190 を選択します。そしてやはり端のぎりぎりの値である 89.9 のところまでオートフィルです。

 Excel行末尾データ入力

 これで θ のデータは完成しました。
 θ をラディアンに変換したデータを B2 に作ります。

=radians(a2)

と入力します。セル C2 には

=tan(b2)

と入力して tanθ を計算させます。 B2 と C2 をまとめて選択して右下隅をダブルクリックしてデータを完成させます。そのあと A 列と C 列を同時選択して( ctrl キーを押しながら A と C をクリック)、「挿入」⇒「散布図」⇒「平滑線」の順にクリックすれば、y = tanθ のグラフが出力されます。

 Exceltanθのグラフ出力

 「 ...... 見慣れた tanθ のグラフと少し違うような」と思われるかもしれませんが、初期設定の最大値が大きすぎるので、下にべたっと張り付いたようなグラフになってしまっているのです。以前に学んだように軸の設定画面から、縦軸の最大値を「 20 」、最小値を「 -20 」に設定し、横軸の最大値を「 90 」、最小値を「 -90 」、目盛間隔を「 30 」に設定してください。ついでにお好みで色を変えたりタイトルをつけてみましょう。下図のようになるはずです。

 Excelグラフtanθ完成形

 両端でも滑らかにつながるグラフになっていますね。今回学んだことは分数関数 y = 1/x や対数関数 y = logx などのグラフを描くときにも応用できます。こうしたグラフの描き方も順次紹介していく予定なので、お楽しみに!

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください