トランプ(カード)で確率計算

[問題 PS-15] トランプで確率計算

 トランプのスペードのカードが $13$ 枚あります。エース、ジャック、クイーン、キングはそれぞれ $1,\;11,\;12,\;13$ の数字であると考えます。この中から無作為に $5$ 枚を抜き出して、数字が小さい順に左から右へ並べます。

(1) 右端のカードがキングとなる確率を求めてください。
(2) 左端のカードがエース, 右端のカードがキングとなる確率を求めてください。
(3) 真ん中のカードが $7$ である確率を求めてください。
 
 
 

ヒント(確率の基本は場合の数を計算することです)

 今回は トランプを題材とした確率問題 です。本問では引く順番と並ぶ順序は関係ありません。わかりやすいように、エース、ジャック、クイーン、キングは $A,\;J,\;Q,\;K$ で表します。たとえば、$9,\;6,\;K,\;A,\;7$ という順にカードを引いたとすると、
\[A\;6\;7\;9\;K\]というように並びます。つまり何回目に引こうと、キングを引いたら必ず右端にきます。同様にエースを引けば必ず左端にきます。このことを頭に入れて、あとはあまり難しく考えず、基本に忠実に「トランプの並び方は全部で何通りあるのか」「各設問ごとの状況が何通りあるのか」を計算しましょう。
 

美しすぎる「数」の世界 「金子みすゞの詩」で語る数論 (ブルーバックス)

新品価格
¥994から
(2018/1/5 12:47時点)

解答 PS-15

(1) 無条件でカードを $5$ 枚引いた時の並べ方は
 
\[{}_{13}\mathrm{C}_5\;通り\]
です。何回目であっても、キングを引いたら必ず右端にきます。そこで

□□□□K

というように $K$ だけは固定して、残り $12$ 枚のカードから $4$ 枚の選び方は
 
\[{}_{12}\mathrm{C}_4\;通り\]
 これがキングを含むカードの選び方の総数になります。
 したがって、右端のカードがキングとなる確率は
 
\[\frac{{}_{12}\mathrm{C}_4}{{}_{13}\mathrm{C}_5}=\frac{5}{13}\]
となります(記事の後半で別解も載せます)。

(2) キングを引いたら必ず右端に、エースを引けば必ず左端にくるので

A□□□K

というように $A$ と $K$ を固定します。残り $11$ 枚のカードから $3$ 枚の選び方は
 
\[{}_{11}\mathrm{C}_3\;通り\]
 これがエースとキングを含むカードの選び方の総数になります。
 よって、左端のカードがエース , 右端のカードがキングとなる確率は
 
\[\frac{{}_{11}\mathrm{C}_3}{{}_{13}\mathrm{C}_5}=\frac{5}{39}\]
となります。

(3) $7$ が中央(左から $3$ 番目)にくるには、$7$ より小さいカードが $2$ 枚引かれて、$7$ より大きいカードが $2$ 枚引かれるという状況です。

□□7□□

 $7$ より小さいカード $6$ 枚の中から $2$ 枚を選ぶ方法は
 
\[{}_6\mathrm{C}_2\;通り\]
あります。それぞれの場合について、$7$ より大きいカード $6$ 枚から $2$ 枚を選ぶ方法も
 
\[{}_6\mathrm{C}_2\;通り\]
です。したがって、真ん中のカードが $7$ となる並べ方は
 
\[{}_6\mathrm{C}_2\times {}_6\mathrm{C}_2\;通り\]
となります。よって、求める確率は
 
\[\frac{({}_6\mathrm{C}_2)^2}{{}_{13}\mathrm{C}_5}=\frac{25}{143}\]
となります。
 

別解 PS-15

 (1) については「くじ引きで当たりを引く確率は順番によらない」という考え方で解くこともできます。すなわち、

 $1$ 回目にキング引く確率は $\displaystyle\frac{1}{13}$
 $2$ 回目にキングを引く確率は $\displaystyle\frac{1}{13}$
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 $5$ 回目にキングを引く確率は $\displaystyle\frac{1}{13}$

と考えれば、和の法則によって右端のカードがキングとなる確率は
 
\[\frac{1}{13}\times 5=\frac{5}{13}\]
というように計算できます。
 

[問題 PS-16] 9 枚のカードを並べます

 箱の中に $1$ から $9$ までの番号を $1$ つずつ書いた $9$ 枚のカードがあります。それらをよく混ぜて、その中から $1$ 枚ずつ続けて全部を取り出し、取り出した順に $1$ から $9$ までの番号をつけます。このとき、新しくつけられる番号が前もってつけられていた番号に一致するカードがちょうど $5$ 枚できる確率を求めてください。

(東大)

 
 

ヒント(引いた順番の数が与えられます)

 取り出したカードには、その引いた順番の数が与えられるということです。問題では「$5$ 枚が一致するような確率を求めなさい」とあります。たとえば次のような状況です。

 カードの数が引いた順番と5枚一致する例

 赤い数字が一致しているところです。
 このような場合の数をかぞえて確率を計算してください。
 

無限の果てに何があるか 現代数学への招待 (角川ソフィア文庫)

中古価格
¥504から
(2018/1/5 12:48時点)

解答 PS-16

 古い番号と新しい番号が一致する $5$ 箇所を選ぶ方法は全部で ${}_9\mathrm{C}_5$ 通りあります。その中のひとつ、たとえば、$1,\;3,\;5,\;7,\;8$ について一致する配置になったとします。

 カードの5つの数字が一致している場合

 $5$ 箇所が一致しているので問題の条件を満たしています。残りの空白部分に $2,\;4,\;6,\;9$ の数字を並べる方法は $4!$ ありますが、これらの数字に関しては古い番号と新しい番号がたとえ1つでも一致してはいけないので、このような場合は除外しなくてはいけません。

 残り $4$ 枚のカードも全て新しい番号と一致するのは ${}_4\mathrm{C}_4=1$ 通りだけです。同様に $4$ 枚のうち $3$ 枚が一致するのは ${}_4\mathrm{C}_3$ 通り、$2$ 枚が一致するのは ${}_4\mathrm{C}_2$ 通り、$1$ 枚が一致するのは ${}_4\mathrm{C}_1$ 通りとなります。これらを $4!$ から引いて、
 
\[4!-({}_4\mathrm{C}_4+{}_4\mathrm{C}_3+{}_4\mathrm{C}_2+{}_4\mathrm{C}_1)=24-15=9\]
が、残り $4$ 枚の数字が新しい番号と一致しない場合の数です。この $9$ 通りそれぞれについて、$5$ 枚が一致する場合が ${}_9\mathrm{C}_5$ 通りあるので、$5$ 枚だけが一致する場合の数は全部で
 
\[{}_9\mathrm{C}_5\times9\;通り\]
あります。カードの並べ方の総数は $9!$ なので、問題の条件を満たすような状況になる確率を計算すると
 
\[\frac{{}_9\mathrm{C}_5\times9}{9!}=\frac{1}{320}\]
となります。 ≫ 確率統計演習問題

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください