アラビア数字をアルファベットに置き換えて計算します

問題57 アラビア数字をアルファベットに置き換えて計算します

 普段使っている 0, 1, 2, 3, ... という数字はアラビア数字とよばれています。でもこれを別の文字に置き換えても計算を表現できるはずです。そこで次のようにアラビア数字をアルファベットに対応させることを考えてみます。

a b c d e f g h i j
0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

 この表を使うと2桁の数字も表現することができます。
 たとえば 10 = ba、20 = ca、15 = bf と表せますね。
 これをふまえて、以下の計算をアルファベットで答えてください。

(1) b + c を計算してください。
(2) f + i を計算してください。
(3) f × g を計算してください。
(4) jc - ff を計算してください。

中学受験 超難関校合格! 頭のいい子にも勝てる 算数まとめノート

中古価格
¥1,928から
(2017/9/1 13:28時点)

解答57

(1) b = 1, c = 2 なので

b + c = 3 = d

となります。

(2) f = 5, i = 8 ですから

f + i = 13

となります。ここで 1 = b, 3 = d と置き換えると

f + i = bd

と表せます。

(3) f = 5, g = 6 ですから

f × g = 30 = da

と表すことができます。

(4) jc = 92, ff = 55 なので

jc - ff = 37 = dh

と表すことができます。

足し算は決して簡単なことではないのです

 3 + 8 = 11 というような計算は、膨大なアラビア数字の組合せが無意識レベルで頭に入っているからこそ不自由なく実行できるのです。これを小学校の低学年で教わっているというのはすごいことなのです。この計算を別の記号で表して苦労してみると、そのすごさが改めてわかるはずです。

 ≫ [問題58] バウムクーヘンの体積 ≫ 算数問題31-60

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください