2 本の直線と y 軸がつくる三角形の面積

 

AG-07 2 本の直線と y 軸がつくる三角形の面積

 2 本の直線 f(x) = a x + 1 と g(x) = - x / a (a > 0)、および y 軸によって囲まれる三角形の面積 S(a) を求めて、a と S(a) の関係を図示してください。
 

AG-07 のヒント

 数学ⅠA の範囲で考えると S(a) の描き方が少し難しいと感じるかもしれませんが、いくつか具体的な値を入れて曲線で結ぶようにしてください。
 

≫ [Amazon 数学書籍] 新 A クラス中学代数問題集
[内容:式の計算/乗法公式/多項式の掛け算/素因数分解/平方根と開平計算/根号を含んだ式の計算方法/有理数と無理数/2次方程式の解き方とその応用問題]

 

AG-07 の解答

 まずは f(x) = g(x) とおいて交点の x 座標を求めると ( y 座標は必要ありません)、
 
\[x=-\frac{a}{a^2+1}\]
が得られます。ここでグラフを描いてみると次のようになります。

 2直線とy軸がつくる三角形グラフ

 a > 0 ですから、交点は必ず負となります。なので図より交点の x 座標の符号を反転したものが、そのまま求める三角形の高さになります。よって三角形の面積は
 
\[S(a)=\frac{a}{2(a^2+1)}\]
となります。難しいのはこれをグラフに描くことで、微積分の知識があれば S を微分して増減表を書けばよいのですが、ここでは微積分を使わずにグラフを描いてみようと思います。まず a = 1/2, 1, 2, 3, ...... という値を具体的に入れていくと

  S(1/2) = 1/5, S(1) = 1/4, S(2) = 1/5, S(3) = 3/20, ......

となって、a = 1 あたりにピーク(最大値)が1つあって、あとは減少し続ける関数であることがわかります。そこでこの最大値を正確に求めるために、まず S(a) の分母と分子を a で割ってみます。
 
\[S(a)=\frac{1}{2(a+\cfrac{1}{a})}\]
 分子が最小のときに S(a) は最大となります。相加相乗平均の関係式より
 
\[2\sqrt{a \cdot \frac{1}{a}} \leq a+\frac{1}{a} \: \: \: \therefore 2 \leq a+\frac{1}{a}\]
 等号成立のとき最小値となるので、a = 1/a のとき、すなわち a = 1 のときに S(a) が最大値 1/4 をとることがわかります。よってグラフは次のようになります。

 面積Saグラフ
 
 

AG-08 連立方程式の自然数解

 自然数 x, y, z に関する連立方程式
\[\begin{align*}&x-3y+2z=1\\&2x+y-z=1\end{align*}\]について、 x + y + z を最小にする解を求めてください。
 

AG-08 のヒント

 未知数をこまめに消去していっても解けますが、面倒だと思われる場合は クラメルの公式 を使ってください。
 

≫ [Amazon 数学書籍] 新 A クラス中学代数問題集
[内容:1次関数とグラフ/比例と反比例/直交座標/2元1次方程式の解をグラフで調べる/1次関数の応用問題/2乗に比例する関数/関数と変化の割合/場合の数と確率計算]

 

AG-08 の解答

 まずは z を右側に移項しておきます。
\[\begin{align*}x-3y&=-2z+1\\2x+y&=z+1\end{align*}\] クラメルの公式を使ってみましょう。公式の使い方は簡単で、分母は ad - bc 、分子は下図のように係数を交差させて作ればよいだけです。

 クラメルの公式fig

 このやり方にしたがって x, y を求めると
\[\begin{align*}x&=\frac{1-2z-(-3)(1+z)}{1-(-6)}=\frac{z+4}{7}\\
y&=\frac{1+z-(1-2z)2}{1-(-6)}=\frac{5z-1}{7}\end{align*}\] x を最小の自然数にする z は 3 であり、またこのとき y も最小の自然数となるので、求める答えは
\[(x,\:y,\:z)=(1,\:2,\:3)\]となります。 ≫ 代数学演習問題

スポンサーリンク
スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください