LaTeXコマンド 指数(べき乗)と平方根、累乗根、対数

 

LaTeXコマンド 指数(べき乗)

 指数は ^{} を用いて記述します。
 指数が 1 文字のときは {} は必要ありません。

y=e^x
\[y=e^x\]
y=x^{2n}
\[y=x^{2n}\]
y=\sqrt{\frac{x}{2}}
\[y=\sqrt{\frac{x}{2}}\]

 
 ネイピア数を $\exp$ の形で書くときは \exp を使います。

y=\exp x
\[y=\exp x\]

 

LaTeXコマンド 平方根と累乗根

 平方根は \sqrt{} で記述します。

y=\sqrt{x}
\[y=\sqrt{x}\]
\sqrt{\frac{a}{b}}
\[\sqrt{\frac{a}{b}}\]

 
 累乗根は \sqrt[]{} を用います。

y=\sqrt[n]{x}
\[y=\sqrt[n]{x}\]
\sqrt[3]{\frac{a}{b}}
\[\sqrt[3]{\frac{a}{b}}\]

 

LaTeXコマンド 対数と自然対数

 対数は \log、自然対数は \ln を用いて記述します。
 底を添える場合は下付コマンド _{} を付けます。

y=\log x
\[y=\log x\]
y=\ln x
\[y=\ln x\]
y=\log_2 x
\[y=\log_2 x\]

 ≫ LaTex 数式の書き方

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください