LaTeX 三角関数と逆三角関数、双曲線関数、逆双曲線関数

 

LaTeX 三角関数

 LaTeX において、たとえば正弦関数を表示しようと考えて sin をそのまま入力すると $sin$ というように斜体になってしまいます。LaTeX で三角関数を記述するときには、それぞれ次のようなコマンドを用います。

正弦、余弦、正接

\sin x\\
\cos x\\
\tan x

\[\sin x\\ \cos \theta\\ \tan x\]

 
余割、正割、余接

\csc x\\
\sec x\\
\cot x

\[\csc\\ \sec\\ \cot\]

 
 三角関数の変数を $\theta$ にしたいときは

y=\sin\theta
\[y=\sin\theta\]

のように記述します。
 

LaTeX 逆三角関数

 逆三角関数(逆正弦、逆余弦、逆正接)を記述するために以下のようなコマンドが用意されています。

\arcsin x\\
\arccos x\\
\arctan x

\[\arcsin x\\ \arccos x\\ \arctan x\]

 
 逆三角関数の先頭を大文字にする場合は \mathrm で文字を Roman 体にします

\mathrm{Arcsin}x\\
\mathrm{Arccos}x\\
\mathrm{Arctan}x

\[\mathrm{Arcsin}x\\
\mathrm{Arccos}x\\
\mathrm{Arctan}x\]

 
 肩に -1 を添えて逆三角関数を表すときには

\sin^{-1}x\\
\cos^{-1}x\\
\tan^{-1}x

\[\sin^{-1}x\\ \cos^{-1}x\\ \tan^{-1}x\]

のように記述します。
 

LaTeX 双曲線関数

 双曲線正弦、双曲線余弦、双曲線正接、双曲線余接を記述するために以下のようなコマンドが用意されています。

\sinh x\\
\cosh x\\
\tanh x\\
\coth x

\[\sinh x\\ \cosh x\\ \tanh x\\ \coth x\]

 
 双曲線正割と双曲線余割を記述するときは \mathrm で文字を Roman 体にします。

\mathrm{sech}x\\
\mathrm{csch}x

\[\mathrm{sech}x\\ \mathrm{csch}x\]

 

LaTeX 逆双曲線関数

 逆双曲線関数を記述したいときは \mathrm を使って文字を Roman 体にします。

\mathrm{arsinh}x\\
\mathrm{arcosh}x\\
\mathrm{artanh}x\\
\mathrm{arcoth}x\\
\mathrm{arcsch}x\\
\mathrm{arsech}x

\[\mathrm{arsinh}x\\ \mathrm{arcosh}x\\ \mathrm{artanh}x\\
\mathrm{arcoth}x\\ \mathrm{arcsch}x\\ \mathrm{arsech}x\]

 ≫ LaTex 数式の書き方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください