MathJax ブログやサイトで数式を表示します

 Web ページで数式を表示する方法はいくつかありますが、現在では MathJax を使用する手法が標準となりつつあります。 MathJax は LaTeX で書かれた美しい数式を Web ページ上で再現するための、オープンソース JavaScript ライブラリです。

 クライアント側で面倒な設定をする必要は一切なく(プラグインさえ必要ありません)、 HTML ファイルに数行のコードを埋め込むだけで、あとは普通の LaTeX と同じ感覚で使用することができます。 Mathjax の公式ページ には様々な使用法が記載されていますが、英語で書かれているので、本当に必要な箇所を探すのは骨が折れます。以下に最低限必要な部分だけ抜き出しておきました。
 

MathJax の使い方

 基本的には HTML ファイル中の <head> と </head> の間に次のコードを書き込むだけで MathJax が使えるようになります。

<script type="text/x-mathjax-config">
MathJax.Hub.Config({
tex2jax: {inlineMath: [['$','$'], ['\\(','\\)']]}
});
</script>
<script type="text/javascript" async src="path-to-mathjax/MathJax.js?config=TeX-AMS_CHTML"></script>

 LaTeX で書いた数式を \[\] で囲めば、段落を1つ落として中央寄せで数式が表示されます。また、\(\) で囲めばインライン表示となります。インラインの場合はその前後の文字との間隔が妙に狭いので、半角1つぶんのスペースを開けておくと見栄えがよくなります。
 

数式の記述例

たとえば、\[ax^{2}+bx+c=0\tag{1}\] と記述すれば
\[ax^{2}+bx+c=0\tag{1}\]
と表示されます。 \tag{1} は式番号を入れるためのコマンドです。

インラインで数式を表示したいときには

・2次方程式 \(ax^{2}+bx+c=0\) の解を求めなさい。

と書けば、

・2次方程式 \(ax^{2}+bx+c=0\) の解を求めなさい。

のように出力されます。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください