LaTeX 四則演算(足し算・引き算・掛け算・割り算)、等号、不等号、合同記号

 

LaTeX 足し算と引き算

 足し算と引き算は半角で + と - をそのまま入力します。
 間には半角スペースを入れずに詰めて入力してください。

1+1=2
\[1+1=2\]
10-3=7
\[10-3=7\]
y=x^2+3x-5
\[y=x^2+3x-5\]

 

LaTeX 掛け算と割り算

 掛け算は \times を用いて記述します。

3\times2=6
\[3\times2=6\]

 割り算は \div を使います。
 余りを $\cdots$ で表示したいときは \cdots を併用ください。

10\div2=5
\[10\div2=5\]
7\div2=3 \cdots 1
\[7\div2=3 \cdots 1\]

 

等号、不等号、合同記号

 等号や不等号、合同記号などをまとめておきます。

a\simeq b
\[a\simeq b\]

 

a\cong b
\[a\cong b\]

 

a\sim b
\[a\sim b\]

 

a\equiv b
\[a\equiv b\]

 

a\not\equiv b
\[a\not\equiv b\]

 

a\neq b
\[a\neq b\]

 

a\leq b
\[a\leq b\]

 

a\leqslant b
\[a\leqslant b\]

 

a\geq b
\[a\geq b\]

 

a\geqslant b
\[a\geqslant b\]

 ≫ LaTex 数式の書き方

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください