数学勉強法の裏技? とにかく単位をもらえます

 様々な事情があってボツにした数学エッセイ原稿を収めた保管庫です。要するに、なんとなく書いてみたけど、いま一つだった原稿を放り込んでおく断片的な文章の倉庫です。間違って入った人は他の記事へ行かれることをおすすめします。

数学勉強法の裏技?

 最後に1つだけ裏ワザ勉強法(?)についてお話します。
 それは、大学の講義というのは、たとえ講義内容の半分も理解できなくたって単位はもらえるということです! こんなこと大声で言うのもなんですけど、完全に理解しなければ進級・卒業させないというシステムにしたら、大半の学生が留年してしまうからです。だから私も中途半端な理解のまま学部をなんとなく終えて大学院に進めましたよ(←決して威張れることではないので、皆さんはなるべく勉強しましょう)。なので、これから進学する皆さんも及び腰にならないで、これからの大学生活を楽しんでください!
 

こばとちゃんは有名な言語学研究者?

 学術世界に限定すれば、言語学研究者としても有名ですが、それはこばとちゃん自身の長年の研究実績によるもので、AI であることとはあまり関係ありません。現役の北大助教授である、かばねちゃんも一流の学者さんですから、時々は取材を受けたり、テレビ番組に呼ばれたりもします。周囲のやっかみなどもあって昇進が遅れたという、ちょっと苦いエピソードも交っていたりします。
 

数学を道具として使っていました

 実のところ、私自身もかつては理論物理学の研究に携わっていたので、数学を役に立つ便利な道具として使う立場の人間でした。がりがりと計算するのに一生懸命で、数学の公理系などについては全く無頓着でした。しかし大学を離れて、あらためて数学を基礎からじっくり見直してみると、その論理展開や定理の美しさに気づかされたのです。
 

位数を求める VBA ユーザー定義関数

 a や m の値が大きくなると、電卓を使っても位数を計算するのはかなり大変です。そこで位数を求めたいときは「位数表」を見て調べるのですが、それも面倒なので、位数を計算するユーザー定義関数 (Function Macro) をつくっておきました。Excel を使える環境にある人は、VBE の標準モジュールに以下のコードをコピーして貼り付けるだけで、普通のエクセル関数と同じようにワークシートで計算することができます(関数の入力法はコードの下に載せています)。

 'a と m を入力して位数を求めます

 Function ORD(a As Long, m As Long) As Long

 Dim k As Long

 Do

  k = k + 1

  If (a ^ k Mod m) = 1 Then

   ORD = k

   Exit Do

  ElseIf k > 1000 Then

   ORD = 0

   Exit Do

  End If

 Loop

 End Function

 この関数をワークシートで使用するときは

=ord(a,m)

と入力します。たとえば 7 に関する 3 すなわち $\mathrm{ord}_m(a)$ を計算させたいときは

=ord(3,7)

と入力すると位数 6 が返ってきます。
 

情報科学と計算機科学を専攻した人は?

 ここに書いてあることは、情報科学や計算機科学を専攻しなかった人に向けた話です。工学部で密度の高いカリキュラムを消化したかたのスキルは一般プログラマーのおよぶところではありませんので、そういう人は ...... まあ適当に読み流してください。
 

机上の知識は消え失せます

 いえ、別に私だけでなく、ほとんどの人が似たりよったりの環境にいると思います。企業の研修や大学の講義でとれる時間なんて、多くても年間 200 時間ぐらいが限度です。そこでちょっとしたコツやエッセンスを学ぶことはできますが(そして、そこで習う事は、たいていどの本にも書いてあります)、「プログラミングを上達させる」ことにどれだけ寄与できるのかといえば、甚だしく疑問です。これが数学や英語だったら、講義形式も知識の速やかな習得に役立つとは思うのですが、プログラミングという技術に、この「講義」というスタイルが合わないと気がするのです。プログラミングは、とにかくコードを書かなきゃ始まらない。講義や研修を受けた人だって、自分でコードをたくさん書いて(そしてたくさん失敗して)身につけないと、そんな机上の知識なんてあっという間にどこかへ消え去ってしまいます。
 

ネットには怖ろしい論理がまかり通っています

 こういうサイトを運営していてこう言うのもなんですが ...... ネットだけに頼って情報を集めるのは、とても危険だと感じることがありました。小学生に図形についての解説する記事で
「円周の長さを求める公式は 2 × 3.14 × 半径だね。だから円周の長さは半径に比例することがわかるよ」
みたいなことが、けっこうあちこちで載っていました ...... ひとつの記事で載っているだけならともかく、あちこちに見受けられるので何だか怖くなりました。もしかすると、ある人がネットで見た情報をまた発信して、それをまた別の誰かが ...... ということが繰り返されているのでしょうか ...... エンドレス ...... 怖いですね。
 

LIGO と Python

 2015 年 9 月 14 日 9 時 51 分 (UTC)。
 遠い宇宙の彼方から届いた重力のさざ波を、ルイジアナ州の巨大な観測装置が捉えました。その名は Laser Interferometer Gravitational-Wave Observatory。通称 LIGO 。重力波はアインシュタインの一般相対性理論によって予測されていた現象です。観測に成功した3人の科学者(キップ・ソーン、レイナー・ワイス、バリー・クラーク・バリッシュ)にノーベル賞という栄誉をもたらしました。しかし、この発見の陰には別の功労者もいました。彼は 24 時間眠らずに LIGO の複雑な計測機器を制御し、膨大な観測データを管理・分析し続けて、人類史に残る偉業を裏方で支えました。その名は Python です。


 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。