当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

【Excel】平方根の計算

【Excel】平方根(ルート)の計算方法

Excel で実数の平方根を求めるときは、SQRT関数を使って計算します。たとえば、

=SQRT(11)

と入力すると、$11$ の平方根すなわち $\sqrt{11}$ を計算して、3.31662479 を返します。SQRT関数に渡す引数は正数でなければなりません。負数を渡すとエラー値 #NUM! を返します。負数の平方根を求めたい場合は後述する IMSQRT関数を使ってください。

ベキ乗演算子「^」を使って平方根を得ることもできます。たとえば、$11$ の平方根は

=11^0.5

によって計算できます(戻り値は 3.316625)。数値のべき乗を返す POWER 関数の第 2 引数に 0.5 または 1/2 を渡して平方根を計算させることもできます。たとえば、$120$ の平方根を計算する場合は

=POWER(120, 0.5)

と入力します(戻り値は 10.95445)。

負数あるいは複素数の平方根は IMSQRT関数を使って計算します。たとえば、$\sqrt{-19}$ を計算させたいときは

=IMSQRT(-19)

と記述します。戻り値は「2.67014915289084E-16+4.35889894354067i」となります。$2+3i$ の平方根 $\sqrt{2+3i}$は

=IMSQRT("2+3i")

によって計算できます。戻り値は「1.67414922803554+0.895977476129838i」です。あるいは、複素数のベキ乗演算関数 IMPOWER の第 2 引数に 0.5 を渡して

=IMPOWER("2+3i", 0.5)

と記述することもできます。

平方根同士の加減乗除

平方根の和 $\sqrt{5}+\sqrt{7}$ を Excel で計算してみましょう。セルに数式

=SQRT(5)+SQRT(7)

を入力します。またはキャレットを使って

5^0.5+7^0.5

と記述します (計算結果は 4.881819)。
 
平方根の積 (掛け算) は
 \[\sqrt{a}\sqrt{b}=\sqrt{ab}\]
と計算できるので、最初に $a$ と $b$ の積を求めてから、平方根をとります。たとえば Excel で $\sqrt{29}\sqrt{143}$ を計算するときは、「=SQRT(29)*SQRT(143)」とするよりも、

=SQRT(29*143)

としたほうが数式が見やすくてすっきりします。べき乗演算子を使う場合は

=(29*143)^0.5

と記述します (戻り値は 64.39720)。
 
平方根の除算 (割り算) も、
 \[\frac{\sqrt{a}}{\sqrt{b}}=\sqrt{\frac{a}{b}}\]
のように計算できるので、たとえば
 \[\frac{\sqrt{812}}{\sqrt{33}}\]
を計算する場合は

=SQRT(812/33)

と入力します。または、べき乗演算子を使って

=(812/33)^0.5

と入力します (戻り値は 4.96045)。

二重根号を含む数式の計算方法

平方根の中に平方根が入っているような計算を行なう場合、SQRT 関数をネストして使います(ネストとは関数を入れ子にするという意味です)。たとえば、
 \[\sqrt{3+2\sqrt{11}}\]
のような数式を、Excel では

=SQRT(3+2*SQRT(11))

と記述して計算させます (計算結果は 3.10375)。

負数の平方根を含む計算

記事の冒頭でも解説したように、負数の平方根は虚数となるので、たとえば
 \[\sqrt{-5}+\sqrt{2}\]
のような計算をしようと思って、「=IMSQRT(-5)+SQRT(2)」と入力しても #VALUE! エラーとなります。負数の平方根を含む足し算を実行するときには、必ず IMSUM 関数を使ってください。上の数式は

=IMSUM(IMSQRT(-5), SQRT(2))

によって計算できます。戻り値は「1.4142135623731+2.23606797749979i」となります。同じように、負数の平方根を含む引き算、掛け算、割り算はそれぞれ IMSUB, IMPRODUCT, IMDIV 関数を使います。
 

エクセルや数学に関するコメントをお寄せください