ギリシア文字の読み方と LaTeX 表示コマンド

ギリシア文字の読み方と LaTeX 表示コマンド

 数学や物理学では ギリシア文字 を頻繁に使用します。以下に日本語における慣用的な読み方と英語の綴り、LaTeX による表示コマンド一覧を載せておきます。
 

ギリシア文字の読み方

 ギリシア文字の日本語における慣用表記(カタカナ)と英語の綴りの一覧です。

大文字 小文字 日本語 英語
Α α アルファ alpha
Β β ベータ beta
Γ γ ガンマ gamma
Δ δ デルタ delta
Ε ε イプシロン epsilon
Ζ ζ ゼータ zeta
Η η イータ eta
Θ θ シータ theta
Ι ι イオタ iota
Κ κ カッパ kappa
Λ λ ラムダ lambda
Μ μ ミュー mu
Ν ν ニュー nu
Ξ ξ クシー(グザイ) xi
Ο ο オミクロン omicron
Π π パイ pi
Ρ ρ ロー rho
Σ σ シグマ sigma
Τ τ タウ tau
Υ υ ウプシロン upsilon
Φ φ ファイ phi
Χ χ カイ chi
Ψ ψ プサイ psi
Ω ω オメガ omega

 日本語表記については、最も一般的と考えられる表記を載せてありますが、文字によっては Θ をテータ、Ξ をクサイと表記する等、いくつかの種類があります。
 

ギリシア文字 LaTeX コマンド一覧表

 LaTeX でギリシア文字を表示させるコマンドの一覧表です。

大文字 LaTex コマンド 小文字 LaTex コマンド2
$A$ A $\alpha$ \alpha
$B$ B $\beta$ \beta
$\Gamma$ \Gamma $\gamma$ \gamma
$\Delta$ \Delta $\delta$ \delta
$E$ E $\epsilon$ \epsilon
$Z$ Z $\zeta$ \zeta
$E$ H $\eta$ \eta
$\Theta$ \Theta $\theta$ \theta
$I$ I $\iota$ \iota
$K$ K $\kappa$ \kappa
$\Lambda$ \Lambda $\lambda$ \lambda
$M$ M $\mu$ \mu
$N$ N $\nu$ \nu
$\Xi$ \Xi $\xi$ \xi
$O$ O $\omicron$ o
$\Pi$ \Pi $\pi$ \pi
$R$ P $\rho$ \rho
$\Sigma$ \Sigma $\sigma$ \sigma
$T$ T $\tau$ \tau
$\Upsilon$ \Upsilon $\upsilon$ \upsilon
$\Phi$ \Phi $\phi$ \phi
$X$ X $\chi$ \chi
$\Psi$ \Psi $\psi$ \psi
$\Omega$ \Omega $\omega$ \omega

 LaTeX にはこの他にもギリシア文字の変体と呼ばれる表記がいくつかあるので、以下にまとめておきます。

ギリシア文字の変体 LaTex コマンド
$\varepsilon$ \varepsilon
$\vartheta$ \vartheta
$\varpi$ \varpi
$\varrho$ \varrho
$\varsigma$ \varsigma
$\varphi$ \varphi

ギリシア文字とは?

 ギリシア文字とは、古代ギリシア人が自身の話す言語を表記するために、フェニキア文字を元に作り出した文字です。現在世界で広範囲に使用されているアルファベットもギリシア文字に由来するものであり、「アルファベット」という言葉は、ギリシア文字の1番目「アルファ(α)」と2番目の「ベータ(β)」をつなげたものです。日本語における慣用的な読み方は主に英語式を借用したものです。 ≫ LaTex 数式の書き方

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください