Excel で数値の整数/非整数を判定します

 セルに入力された値が 整数/非整数を判定する方法 を紹介します。

INT関数を用いて整数/非整数を判定します

 まず最初に INT 関数を用いる方法です。INT関数は

=INT(数値)

のように記述し、引数の小数部分を切り捨てて整数部分だけ返します。たとえば

=INT(2.5)

と入力すると「 2 」という値が返されます。このとき元の値 2.5 と、小数部分を切り捨てた INT(2.5) の値は当然異なるわけです。すなわち論理式

2.5=INT(2.5)

の返す値は False(偽)となります。これを論理式の結果(真偽)に応じて値を返す IF 関数にネストして

=IF(2.5=INT(2.5),"整数","非整数")

という数式をセルに入力すると「非整数」という文字列が返ります。元の値が整数である場合、たとえば

=IF(10=INT(10),"整数","非整数")

のように記述すると、10 も INT(10) も同じ値ですから、この論理式は真であると判定されて「整数」という文字列が返ることになります。いくつかの数値の整数・非整数をまとめて判定するシートをつくってみましょう。B 列に数値を適当に並べて、セル C3 に

=IF(B3=INT(B3),"整数","非整数")

と入力して、数式をセル C7 までコピーします。

Excelにおける整数と非整数の判定方法

 すると上図のように、B 列の数値の判定結果が C 列に並びます。

MOD 関数を用いて整数/非整数を判定します

 次は MOD 関数を用いる方法です。MOD 関数は

=MOD(数値,除数)

と記述して数値を除数で割ったときの余りを返す関数です。たとえば

=MOD(10,4)

と入力すると 10 を 4 で除算したときの余りである「 2 」という値を返します。引数には小数も入れることができて、たとえば

=MOD(7.5,3)

とすれば「 1.5 」という余りが得られます。これは、

被除数 = 除数 × 商 + 余り

という定義によるもので、上の例では

7.5 = 3 × 2 + 1.5

となっています。そこで小数を 1 で割ることを考えます。たとえば 3.14 を 1 で割ったときの余りは

=MOD(3.14,1)

によって「 0.14 」が得られます。被除数が整数ならば 1 で割ったときの余りは 0 になるはずです。つまり、数値を 1 で割ったときの余りが 0 であるか否かで整数/非整数を判定することができます。たとえば

=IF(MOD(9,1)=0,"整数","非整数")

と記述すると、MOD(9,1) = 0 は正しい数式なので、真であるほうの引数の「整数」が表示されます。それでは、MOD 関数で数値の整数判定をするシートをつくってみます。B 列に数値を判定したい並べて、セル C3 に

=IF(MOD(B3,1)=0,"整数","非整数")

と入力して数式を C7 までコピーしてください。

 エクセルで整数と非整数を判定する方法2

 判定結果が正しいことを確認してください。整数/非整数の判定は数値計算の様々な場面で応用することができます。 ≫ エクセル数学講座

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください