VBAプログラミング超入門 数学マクロを作ってみよう!

 
 

VBAプログラミング超入門講座

 [01] 足し算から始めましょう!
 [02] データ型を変えてみます
 [03] InputBox で値を入力します
 [04] ワークシートと連携します
 [05] 繰返し処理を学びます
 [06] Cellsプロパティの扱い方に慣れましょう
 [07] 2次関数マクロを作ります
 [08] 三角形の面積を求めるマクロです
 [09] IF...Then...Elseステートメント
 [10] 偶奇を判定するマクロを作ります
 [11] 約数を求めるマクロを作ります
 [12] 入力された数値の約数を返します
 [13] エラー処理について学びます
 [14] コイン投げマクロを作ります
 [15] モンテカルロシミュレーション
 [16] ユーザーフォームを作りましょう
 [17] コマンドボタンにマクロを書き込みます
 [18] 2次方程式の解を求めるマクロ①
 [19] 2次方程式の解を求めるマクロ②
 [20] 配列変数の基本を学びます
 [21] くじ引きマクロを作りましょう
 [22] シートに図形を作成します
 [23] 赤青緑を無作為に表示します
 [24] ランダムウォーク
 [25] AddChartメソッドでグラフを作成します

≫ [Amazon 書籍] 脱入門者の Excel VBA(自力でプログラミングする極意)
[内容:VBAプログラミング/処理が速いプログラムを書く/状況の変化に対応しやすいソースコード/デバッグしやすいプログラミング/プログラムの仕様変更]

 

Visual Basic Editor プログラミング超入門講座です!

 エクセルにはたくさんの数学関数やグラフ機能が備わっていますけど、VBA を使えばもっと色々なことができるようになります。このコーナーでは三角関数や級数を計算させてみたり、自動でグラフ用データを出力させたりする数学マクロを実際に作りながら、その折々で「プロパティって何だろう?」とか「変数の宣言が必要なのはどうして?」というような基本的なことも少しずつ学んでいけるようになっています。
 いわゆる「習うより慣れましょう」というスタンスで、無理なく少しずつステップアップしながら、連載が終わる頃にはさり気なく VBA の基礎が身についちゃっているようなコーナーです。
 だいたい30記事前後を目安に連載が終わるように予定していますので、「数学と VBA を一緒に学びたい!」という方はぜひお付き合いください。
 

VBA 数学マクロコレクション

 数値の小数部分を得るユーザー定義関数
 巨大な階乗数 n! を計算するマクロ
 逆三角関数を計算します
 Σk^s の値を計算します
 数字の各桁を足し合わせます
 素数を判定して並べます
 フーリエ級数展開 配列によるベクトルの定義
 台形公式 シンプソンの公式 
 セル範囲を指定して定積分を計算するユーザー定義関数

 数学の計算を処理するための色々なマクロ( VBA のプログラムコード)を公開しています。逆三角関数や階乗計算から始めて、少しずつ複雑なマクロを掲載していく予定です。特にファンクションマクロ(ユーザー定義関数)はサブルーチンの中に呼び出せるだけでなく、ワークシート上でエクセル関数と同じように使用できるので、溜め込んでおくと、どんどんエクセルがパワーアップ(?)していきます。不具合(バグ)などがないように十分精査したものを公開しているつもりですが、それでもやはり見過ごしているものも一部にあると思いますので、御指摘いただけると幸いです。

ファンクションマクロ(ユーザー定義関数)の使い方

 記事に掲載されているコードの大半はファンクションマクロ(ユーザー定義関数)です。ファンクションマクロは以下の方法で関数を登録しておくだけで、エクセル関数と同じように使うことができます。

 1.各記事にあるファンクションマクロをコピーします。

 2.マクロをメモ帳などに貼りつけておきます。

 3.Excel を起動します。

 4.[開発] ⇒ [ Visual Basic ] の順に選択して Visual Basic Editor を起動します。

 5.[挿入] ⇒ [標準モジュール] を選択して
   新しい Module にコピーしたマクロを貼りつけます。

 6.[上書き保存] をしてから Visual Basic Editor を閉じます。

 7.ワークシートに戻って
   「 = ○○○ (数値)」( ○○○ は関数名)
   のように入力して適当な引数を入れて動作を確認してください。
   引数の指定方法は各記事で説明されています。

 8.今回初めてマクロを使用する等の事情で、
   エクセルのブックが [マクロ有効ブック] になっていない場合は、
   [ファイル] ⇒ [名前を付けて保存] を選択し、保存したいフォルダーを選んで、
   [ファイルの種類] (現時点で Excel ブックとなっているはずです)を
   [マクロ有効ブック] に変えて保存してください。

 ≫ 数学人気ブログランキング

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告