列に数値を入れてグラフを表示させます

グラフの描き方① データ入力とグラフの表示

 「グラフの描き方」シリーズの1回目です。まずは x と y のデータを作って、グラフを表示させるところまで進みます。

A 列に x の値を入れます

 まずセル A1 に "x"、セル B1 に "y" と入力しておきます。このままでも構わないのですが(私も忙しいときはこのままですが)、余裕があるときは文字のフォントを太字にしたり、背景色をつけるなどして見栄えを整えておいたほうが良いと思います。

 次に x のすぐ下のセル A2 と A3 に「 - 4」、「 - 3.8 」という 2 つの数値を入れます。そして A3 の右下隅(フィルハンドル)をクリックしたまま、指を離さないで下のほうへ引っ張っていきます(この操作のことをオートフィルとよびます)。操作中に右に小さく「今、この数字まで達していますよ」というガイドが表示されますので、その表示が「 4 」となったところで指を離します。

 excelxの値

 するとこのように、最初に入れた数値差 0.2 で - 4 から 4 までの数値が入ります。数学における x 軸は刻み幅が無限小の連続した線ですが、コンピューターでそれを実現することは不可能なので、こうして適当な刻み幅で x 軸を設定します。この刻み幅は扱う関数によって適した値が異なります。原点付近で ∞ に発散するような関数を扱うときには、刻み幅をかなり小さくする必要があります。しかし 2 次関数を表示するには 0.2 で充分です。このあたりの感覚は、これから色々なグラフを描く過程で少しずつ養ってください。
 

B 列に y の値を入れます

 B 列には y つまり x2 の値を入れます。そこでセル B2 に

=a2^2

というような数式を入れます。「^」の記号は累乗(べき)を現します。セル B2 には セル A2 の「 - 4 」の 2 乗が計算されて「 16 」と表示されます。ここで次のセル B3 にはセル A3 の 2 乗を、B4 には A4 の 2 乗を表示させたいわけですが、そんなときは B2 の右下隅(フィルハンドル)をダブルクリックすると、一瞬で全てのセルに数式が入ります。

 excel2乗を計算

グラフを表示します

 x, y のデータが揃ったので、いよいよ Excel にグラフを描かせてみましょう。 A 列と B 列 の一番上にある A と B のところをドラッグして A 列と B 列 が同時選択された状態にします。それからリボンの「挿入」タブをクリックして、「散布図」を選択します。 Excel には他にも色々な種類のグラフが用意されていますが、数学ではほとんどの場合、この「散布図」で事足ります。

 excelグラフの描き方

 グラフが現れましたね! でも何だか少し見た目が悪いような ......
 何故か Excel のグラフは初期設定のままでは、どうにも不格好なのです。
 このまま使えないこともないのですが、やはりこれでは「数学を学ぼう!」というモチベーションが上がりませんよね。そこで次回の記事ではグラフの体裁を整えてみます。

スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください