当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

角度比の極限値

【CL07】角度比の極限値

図のように1直線上に3点 $O\:,A,\:B$ をとり、$OA = 1,\:AB = 2$ となるようにします。また $O$ を通って $OA$ に垂直な直線上の動点を $P$ とします。
 
直角三角形の角度αβの極限値

 $OP=h,\:\angle OPA=\alpha,\:\angle APB=\beta$ とするとき、$\displaystyle \lim_{h \rightarrow \infty}\frac{\alpha}{\beta}$ を求めてください。(千葉大)

【ヒント】角度比の極限値を求める問題です。底辺 OB を円弧とみれば答えを予測できます。

数学 図形と関数・グラフの融合問題 完全攻略272選 (高校入試特訓シリーズ)

新品価格
¥1,650から
(2022/7/14 21:06時点)


【解答】$h$ を無限に大きくすると、$OA$ と $AB$ は 無限大半径をもつ円の円弧 とみなすことができます。つまり $OA$ と $AB$ は円周角 $\alpha$ と $\beta$ の比である 1:2 となっていることが予測されます。それでは実際に解答を作って確認してみましょう。すぐに三角関数の極限公式を使うことを思いつくはずです。$\sin x$ に関する公式を用いても解答できますが、斜辺を平方根で表すのが大変なので、ここは $\tan x$ の極限公式
 \[\lim_{x\rightarrow 0}\frac{\tan x}{x}=1\tag{1}\]
を使うことにします。問題図から
 \[\tan \alpha=\frac{1}{h},\quad\tan(\alpha+\beta)=\frac{3}{h}\tag{2}\]
という関係式が得られるので、 $h \rightarrow \infty$ のとき、
 \[\lim_{h\rightarrow\infty}\tan\alpha=0,\quad\lim_{h\rightarrow\infty}\tan \beta=0\]
となります。すなわち $h\rightarrow\infty$ のとき
 \[\alpha\rightarrow0,\quad\beta=\rightarrow0\]
となって公式 (1) が使えることがわかります。すなわち
 \[\lim_{h \rightarrow\infty}\frac{\tan\alpha}{\alpha}=\lim_{\alpha \rightarrow 0}\frac{\tan\alpha}{\alpha}=1\]
です。ここで $\alpha$ と $\beta$ の比をとって
 \[\frac{\alpha}{\beta}=\frac{\alpha}{\tan \alpha}\,\frac{\tan \alpha}{\tan \beta}\,\frac{\tan \beta}{\beta}\]
と半ば強引に変形して極限公式が使えるようにします。つまり $\tan \alpha$ と $\tan \beta$ の比が求まれば答えが得られることがわかります。しかし、まだ $\tan \beta$ の値が分からないので加法定理から
 \[\tan\beta=\tan\{(\alpha+\beta)-\alpha\}=\frac{\tan(\alpha+\beta)-\tan \alpha}{1+\tan(\alpha+\beta)\tan\alpha}\]
という式をつくってから (2) を代入すると
 \[\tan\beta=\frac{2h}{h^2+3}\]
が得られます。よって求める極限は
 \[\lim_{h\rightarrow \infty}\frac{\alpha}{\beta}=\lim_{h \rightarrow\infty} \left(\frac{\alpha}{\tan\alpha}\,\frac{\tan\alpha}{\tan\beta}\,\frac{\tan\beta}{\beta}\right)=1\cdot\ \frac{1}{2}\cdot\ 1=\frac{1}{2}\]
となります。

エクセルや数学に関するコメントをお寄せください