支払った税額からシュークリームとエクレアの数を逆算します

 とある日曜日のこと。滝野川小夜子さんは自宅に友人を招くので、お菓子をたくさん用意しておくことにしました。

問題35 支払った消費税からシュークリームとエクレアの数を逆算します

 小夜子さんは 1 個 200 円のシュークリームと 1 個 100 円のエクレアを合わせて 10 個買いました。支払った金額のうち消費税 (8%) は 128 円でした。小夜子さんはシュークリームとエクレアをそれぞれ何個ずつ買いましたか?

本体付き 算数に強くなる! 小学生のそろばんセット

中古価格
¥1,099から
(2017/9/5 20:28時点)

問題35 のヒント(比で考えると楽です)

 消費税を比率で表してみましょう。

解答35(最初に税込み価格を計算します)

 まずは税抜価格を求めます。
 税抜価格と消費税の比率は 100:8 ですから、

税抜価格:消費税 = 25:2 = 25/2:1

と書くことができます(上の比率は公式として覚えてしまいましょう)。つまり消費税 1 円に対して税抜価格は 25/2 円と考えることができます。問題では支払った消費税は 128 円とありますから、これに 25/2 をかければ税抜価格が得られます。

128 × 25/2 = 1600 円

 あとは鶴亀算で解けるのですが、以前にもやったように、合わせて 10 個になるように適当に仮定したほうが簡単です。とりあえず 5 個ずつ買ったと仮定すると

200 円 × 5 + 100 円 × 5 = 1500 円

となって、100 円だけ少ないですね。なのでシュークリームを 1 つ増やして、エクレアを1つ減らせば

200 円 × 6 + 100 円 × 4 = 1600 円

となります。答えは

シュークリーム 6 個、エクレア 4 個

となります。

 ≫ [問題36] 油分け算 ≫ 算数問題31-60

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください