隠れた変数理論(確率的振る舞いの背後に知られざる法則が隠されている?)

 前回の記事で、量子力学にしたがう世界は確率的にしか物事は決まらないとお話しましたが、E.アインシュタインは「神はサイコロをふらない」という言葉に代表されるように、生涯にわたって量子力学に対して懐疑的な態度を崩しませんでした。しかし当時からすでに、あらゆる実験結果が量子力学の正しさを示唆していました。アインシュタイン博士は天才物理学者ですから、そうした実験結果を無視してただ「嫌いなものは嫌い」と駄々っ子みたいなことを言っていたわけではありません。では彼はどのようなスタンスで量子力学の無作為性を否定したのでしょうか。
 

隠れた変数理論

 アインシュタインの主張を簡単に要約すると
「粒子の位置と運動量が決まっていないのではなく、本当は決まっているけど、それは人間にはわからないだけだ」
ということです。つまり量子力学を完全に否定するわけではないけれど、自然界を記述する方法としては不完全で、確率的振る舞いの背後にはまだ知られざる法則があると主張していたのです。これを 隠れた変数理論 とよびます。この主張に対してすぐに反論することがなかなか難しいのです。

天才ドリル 平面図形が得意になる点描写 線対称

中古価格
¥676から
(2018/8/25 20:55時点)

古典的世界のサイコロ

 ここでいったん量子力学から離れて古典的な世界に立ち返ってみます。そして本物のサイコロをテーブルの上に落としてみましょう。ころころころ。

 「5」の目が出ました。

 これは本当にランダムに「5」が出たのでしょうか?
 残念ながら古典力学に従うかぎり、これはランダムとは言えません。

 複雑な要因がたくさん絡んだ運動であることは確かです。

 ・最初にどの面が上を向いていたの?
 ・転がした手の皮膚とサイコロの摩擦係数は?
 ・サイコロと空気の摩擦係数は?
 ・どのくらいの角度でサイコロを離したの?
 ・手の平の皮膚にある水分(汗)の量は?
 ・落下距離はどのくらい?
 ・室内の温度は?(温度によって空気密度が僅かに変化します)
 ・窓は開いてる?(風が吹き込んでいるかもしれません)

 ...... とまあ数え上げればきりがありませんけど、ともかく運動に関わる様々な要素によって「決められた運動」をしているだけなのです。しかしそうした要因を人間が全て把握してサイコロの目を予測することはとても難しいので、人間の視点ではランダムであるように思えてしまうのです。

≫ [Amazon 書籍広告] 経路積分の例題と演習(量子力学選書)
[内容:位置完全性/位置演算子/運動量演算子/交換関係/生成演算子/複素ガウス積分/多次元ガウス積分/安定条件/行列式法/基底状態取り出し/連続表示経路積分/正準形式/作用原理/正準変換/ポアッソン括弧式]

 

隠れた変数は存在する?

 上の例と同じように「量子の世界にも人間には把握できていない要因が隠されていて、それが物質の振る舞いを定めているはずだ」というのが「隠れた変数理論」なのです。ではそうした変数が存在する兆候はあるのでしょうか?
 残念ながら今のところは「隠れた変数理論」を確証するような実験結果は得られていません。そしてほとんどの物理学者さんたちは、不確定性原理は自然界の根源的な性質であると考えています。とはいえ現在でも少数ながら隠れた変数を探し続けている人たちもいますし、時々面白い仮説も発表されています。ネットや新聞などで量子力学関連の記事があったら、ざっと目を通してみてください。思わぬ発見が載っていたりするかもしれませんよ。


 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。