Excel で平均年齢以上の人の数を調べます

[EX-10] 平均年齢以上の人は何人?

 次のような氏名と年齢が載った名簿があります。

氏名 年齢 氏名 年齢
馬鳥 久敬 16 万代 ゆり 31
安本 美菜 39 横地 ひさこ 30
赤塩 基久 50 蓮見 騎一郎 70
干場 計佐久 53 今関 絹代 22
夏凪 鋼志 36 津久井 育代 36
白神 結菜 49 井手矢 賢利 70
蒔田 世里 31 栄島 浩吉 41
宿谷 正枝 52 中筋 梢 44
白浜 花織 42 永井 さくら 62
笹部 奈央 27 稲津 春名 33

 平均年齢以上の人は何人いるか求めてください。

問題 EX-10 のヒント(まず平均年齢を求めておきます)

 簡単そうに見えて案外難しいです。1つの数式で求めることもできますが、先にどこかのセルに平均年齢を計算しておいたほうがわかりやすいです。

Microsoft Office Specialist Microsoft Excel 2016 対策テキスト& 問題集 (よくわかるマスター)

中古価格
¥1,743から
(2017/9/4 23:15時点)

解答 EX-09(不等号をダルルクォーテーションで囲みます)

 下の図のようなシートを作ります。

 ExcelVBAで平均年齢以上の人数を計算
 
 ここではセル C3:C12 と E3:E12 を引数として

=AVERAGE(C3:C12,E3:E12)

とします。あるいは D 列もまとめて

=AVERAGE(C3:E12)

としてもかまいません。41.7 という値が表示されるはずです。次はこの 41.7 歳以上の人の人数をカウントします。指定した条件に合うデータの入ったセルを数えるときは COUNTIF関数 を用います。

=COUNTIF(範囲,条件)

 2つめの引数である [条件] に不等式を書くのですが、そういう場合には数値の前に不等号をダルルクォーテーションで囲んで書き、& で後ろの数値(あるいは参照セル)とつなげます。今の例では

=COUNTIF(C3:E12,">="&E14)

という記述になります。9 という数が表示されます。

 ≫ [問題11] 同じ誕生日の人がいる確率は? ≫ Excel で解く数学問題集

スポンサーリンク
スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください