当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

【VBA】Modで割り算の余りを求める

VBA では割り算の剰余を求めるために、関数ではなく Mod 演算子が用意されています。エクセルの MOD関数とは少し使い勝手が異なりますが、基本的な考え方は同じです。

Mod演算子

VBA の Modモジュロ演算 (剰余演算) を実行します。
a を b で割ったときの余りを求めるときは「a Mod b」のように記述します。たとえば 11 を 4 で割ったときの余りを求めるには「11 Mod 4」ます。

'[VBA] Mod演算子のサンプルコード[1]
Sub Modulo_1()
  Dim i As Integer
  i = 11 Mod 4
  Debug.Print i
End Sub

'Modulo_1の実行結果:
'3

Mod 演算子のステートメント「a Mod b」において b が 0 の場合は( 0 で割ることになるので)エラーになるのは言うまでもありません。

また、a や b が整数でない場合はエラーにはなりませんが、銀行丸め によって強制的に整数に変えて計算を続行します。銀行丸めは四捨五入とよく似ています。10.3 であれば 10 に丸め、10.7 であれば 11 に丸めます。ただし 10.5 のときは「偶数である」10 のほうへ丸められます。 11.5 であれば「偶数である」12 のほうへ丸められます。たとえば 「11 Mod 2.5」と書くと、得られる値は 11 ÷ 2 を計算して余り「 1 」を得ます(四捨五入であれば 11 ÷ 3 の余りは 2 となるはずです)。実際に「11 Mod 2.5」計算させるマクロを載せておくので試してみてください。

'[VBA] Mod演算子のサンプルコード[2]
Sub Modulo_2()
  Dim i As Integer
  i = 11 Mod 2.5
  Debug.Print i
End Sub

'Modulo_2の実行結果:
'1

整数論の話になりますが、$11$ を $-2$ で割ったときの商は $-5$ ですから、
\[11=(-5)\times(-2)+1\]
のように書くことができます。この $+1$ という部分が余りですから、VBA で「11 Mod -2」とすれば「1」を得ることになります。同じように $-11$ を $3$ で割ったときの商は $-3$ なので、
\[-11=(-3)\times 3 -2\]
と書けて、余りが $-2$ であることがわかります。VBA で「-11 Mod 3」と記述すると「-2」が返ります。実際のコードは次のようになります。

'[VBA] Mod演算子のサンプルコード[3]
Sub Modulo_3()
  Dim i As Integer
  i = -11 Mod 3
  Debug.Print i
End Sub

'Modulo_3の実行結果:
'-2

ベキ乗の除算の余りを求める手順

たとえば VBA の Mod 演算子で $2^{100}$ を $13$ で割ったときの余りを求めようと思って、次のようなコードを書いたとします。

'[VBA] Mod演算子のサンプルコード[4]

'2^100を13で割ったときの剰余を計算するマクロ
Sub Modulo_4()
  Dim x As Long
  Debug.Print (2 ^ 100) Mod 13
End Sub

Modulo_4() を実行するとオーバーフローしてしまいます。巨大数 $2^{100}$ の演算が VBA の処理能力を遥かに超えてしまうからです。しかし、数論の合同式を上手く活用すると、$a^k$ のような整数のベキ乗を除算したときの余りはたった数行のコードで計算できます。アルゴリズムの流れを確認するために、例として $5^8$ を $7$ で割ったときの余りを合同式で求めてみます。計算には合同式の基本公式
\[a\equiv b,\:\:c\equiv d\quad\Longrightarrow\quad ab\equiv cd\quad\pmod m\]
を用います。
\[5\equiv 5\quad\pmod 7\]
はもちろん成り立ちます。両辺に $5$ を掛けると
\[5^2\equiv 25\equiv 4\quad\pmod 7\]
となります。以下同様に両辺に $5$ を掛け続けます。
\[\begin{align*}&5^3\equiv 20\equiv 6&\quad\pmod 7\\[6pt]&5^4\equiv 30\equiv 2&\quad\pmod 7\\[6pt]&5^5\equiv 10\equiv 3&\quad\pmod 7\\[6pt]&5^6\equiv 15\equiv 1&\quad\pmod 7\\[6pt]&5^7\equiv 5&\quad\pmod 7\\[6pt]&5^8\equiv 25\equiv 4&\quad\pmod 7\end{align*}\]
よって余りは $4$ となります。この方法で $a^k$ を除算したときの余りを計算する MOD_P 関数のコードを載せておきます。

'[VBA] Mod演算子のサンプルコード[5]

'a^kをmで割ったときの余りを計算する関数
Function MOD_P(a As Long, k As Long, m As Long)
  Dim i As Long, x As Long
  x = 1
  For i = 1 To k
    'xにaを掛けてmで割って余りを求める
    x = a * x Mod m
  Next i
  MOD_P = x
End Function

MOD_P 関数をワークシートで使用するときは

=MOD_P(a,k,m)

と入力します。たとえば $5^8$ を $7$ で割ったときの余りを計算させるときは

=MOD_P(5,8,7)

と入力すると「4」が返ります。もっと大きな数で試してみましょう。 $2^{100}$ を $13$ で割ったときの余りを計算させてみます。

=MOD_P(2,100,13)

と入力すると「3」が返ります。

エクセルや数学に関するコメントをお寄せください

  1. あとりえこばと より:
    【VBA】Mod function

    The Mod function in VBA is an arithmetic operator that returns the remainder of a division operation between two integers. The syntax for using the Mod function in VBA is “Mod(dividend, divisor)”. For example, Mod(10, 3) would return 1 since the remainder of dividing 10 by 3 is 1.The Mod function is commonly used in loop operations to execute a certain action after a specific number of iterations. By checking if Mod(n, m) equals 0, where n is the loop counter and m is the desired frequency of the action, the action can be executed every m iterations.Overall, the Mod function in VBA is a useful tool for performing arithmetic operations involving remainders and controlling loop operations.