当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

アラビア数字の起源はインドにあります

アラビア数字の起源

私たちが普段から何気なく使っている十進記数法の数字「0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9 …」のことをアラビア数字とよびます。アラビア数字というからには、その起源は中東にあるのだろうと思ってしまいますが(私もかつてはそう思っていました)、実はその起源はインドにあるようです。
「だったら、インド数字とよぶのが筋だろう。インド人に失礼じゃないか」
と思われるかもしれません。実際のところ、この事に関してインド人がどう思っているかはわかりませんが、Arabic numerals と名づけたのはヨーロッパ人です。インドの数字がアラビア経由でヨーロッパに伝えられたので、そうよばれるようになったのです。

6 世紀頃のインドではこんな形の数字が使われていました。

デバナガリ(インド数字/アラビア数字)

これは、デーヴァナーガリー(デバナガリ)数字とよばれ、PC で IMEパッドなどを開けば入力することもできる文字です (Unicode の U+0900 ~ U+097A に登録されています)。デーヴァナーガリー数字は四方に伝えられ、様々な地域でその形を少しずつ変えながら定着していきました。中東においては、9 世紀初めにアル=フワーリズミーが著した『インド数の計算法』にインド数字が使用されています。

ヨーロッパでは、10 世紀頃にヒスパニア(イベリア半島;現在のスペイン・ポルトガル)にインド数字が伝えられ、そこから北部へと広がっていったようです。当時のヒスパニアはウマイヤ朝支配下のイスラム文化圏でした。しかい、アラビア数字のヨーロッパ定着に決定的な役割を果たしたのは、(フィボナッチ数列で有名な)レオナルド・フィボナッチだったようです。彼の著した『算盤の書』の中で紹介されている「位取り記数法」の利点に気づいたヨーロッパの知識人たちは、それまでに使用していたローマ数字をインド数字に置き換えていきました。その過程でインド数字は現在の私たちが使っている アラビア数字 の形になったようです。起源はインドにあり、アラビアを経ているとはいえ、現在の形に整えたのはヨーロッパ人なので、むしろ ヨーロッパ数字 とよんだほうがいいような気もしますね。一方でアラブに伝わったデーヴァナーガリー数字は、時を経て次のような形に変わりました。

アラビア・インド数字

現在のアラブの人たちは、これを「インド数字」、ヨーロッパ人が使用するほうの数字を「アラビア数字」とよんでいます。何だかややこしいことになっていますね …

AIにアラビア数字の起源について尋ねてみました

AIにアラビア数字の起源について質問してみると、以下のような回答でした。

アラビア数字、またはアラビア数字として知られている数字体系は、現代の数値システムの基盤となるものです。アラビア数字の起源について以下に説明します。

アラビア数字の起源:アラビア数字は、実際にはアラビア半島ではなく、古代インドで発展しました。この数字体系は、紀元前6世紀から7世紀にかけてインドで形成され、その後、アラビア帝国を通じて西洋に伝わりました。ここから「アラビア数字」という名前が付けられました。

アラビア数字の主な特徴:十進法(Decimal System):アラビア数字は、10進法を基にしています。すなわち、10個の異なる数字(0から9)を組み合わせて数を表現します。このシンプルな体系により、非常に効率的に数を表現できるようになりました。

ゼロ(0)の導入:アラビア数字はゼロ(0)を数値体系に導入しました。これは、数値の位置によって異なる値を持つという概念を導入し、桁ごとに数値を区別できるようにしました。

位置による重要性:アラビア数字では数値の位置がその値を決定します。例えば、1の位置と10の位置で同じ数字を使っても、その位置によって意味が異なります。これにより、非常に大きな数を効率的に表現できます。

一般的な採用:アラビア数字はイスラムの黄金時代を通じてヨーロッパに導入され、中世ヨーロッパで広く受け入れられました。その後、西洋の科学、数学、貿易、および通貨システムの基盤として確立しました。

アラビア数字の導入により、数の表現が効率化され、計算が簡素化され、数学や科学の発展に寄与しました。この数字体系は、現代の世界中で広く受け入れられ、使われています。

エクセルや数学に関するコメントをお寄せください

  1. あとりえこばと より:

    【AI連載小説】数学のリズム、エクセルの旋律(33)
    「アラビア数字の起源」
     
    真琴:アラビア数字って面白いよな。実は、これってアラビアじゃなくって、インド起源なんだ。
    研伸:へぇ、本当に? どうしてインド起源の数字がアラビア数字って呼ばれてるんだろう?
    月子:それはアラビアの学者たちが、インドの数学を取り入れて広めたからかもしれない。
    真琴:そうだね。9つの数字とゼロが、アラビアからヨーロッパに伝わって、今のような形になった。
    研伸:でも、インドの数字って最初は漢数字みたいに棒や点で表現されてたんでしょ?
    月子:そう。それがアラビアで改良されて、形が簡略化されたんだろうね。
    真琴:それに、アラビア数字は計算しやすいってのも大きいんだ。漢数字だと大きな数を書くのが面倒くさいもんな。
    研伸:確かに、アラビア数字は計算がしやすいし、見やすいよね。
    月子:アラビア数字が広まったおかげで、数学や科学が発展したんだろうね。