鈴木さんの預金額(同僚の山田さんと比較して計算します)

問題50 鈴木さんの預金額

 山田さんの預金額は鈴木さんの預金額の2倍ありましたが、同僚の山田さんはさらにボーナスの40万円を預金し、鈴木さんは新しいパソコンを買うために20万円おろしたので、山田さんの預金額は鈴木さんの預金額の3倍になりました。鈴木さんの最初の預金額を求めてください。

問題50 のヒント

 この種の問題では線分図を使うのが定石ですけど、この問題では状況をそのまま描くだけでは手が止まります。もうひと工夫が必要になるのです。

お笑い式 やり直し数学 (メディアファクトリー新書)

中古価格
¥1から
(2017/9/9 04:28時点)

問題50 の解答(棒グラフの長さを2倍にすれば ... )

 とりあえず状況を図で表してみます。

 鈴木さんと山田さんの預金

 緑色の部分が山田さんの最初の(ボーナス前の)預金額、黄色と青を合わせた部分が鈴木さんの最初の(パソコンを買う前の)預金額です。その比率を ② と ① で表しています。そして山田さんのボーナス 40 万円(灰色)を加えた預金額を 、鈴木さんのパソコン代金 20 万円(青色)を差し引いた預金額を という比率で表します。しかし、このままでは互いに比較することができず、何も情報は得られません。そこで鈴木さんの棒グラフを2倍にしてみることを考えます。

 鈴木さんの預金額を2倍

 すると ② の部分が揃うことになります。
 そのさいに ② の内訳にあるパソコン代 20 万円も 40 万円に拡大されます。
 また となります。
 すると、図にあるように から を引いた が 40 万円 + 40 万円 = 80 万円に相当することがわかります。したがって、鈴木さんの最初の預金額は

80 万円 + 20 万円 = 100 万円

であることがわかります。 ≫ [問題51] 往復バスとこばとちゃん ≫ 算数問題31-60

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください