不動直線(1次変換によってそれ自身に移される関数)

[問題 CL-15] 不動直線(1次変換によってそれ自身に移される関数)

 曲線 $y=f(x)$ 上の任意の点における接線が1次変換

\[\begin{pmatrix}X\\ Y\end{pmatrix}=\begin{pmatrix}1 & 1\\0 & 3\end{pmatrix}\begin{pmatrix}x\\ y\end{pmatrix}\]によって、それ自身に移されるような f(x) を求めてください。
 
 

ヒント(不動直線の問題です)

 新課程では消えてしまった1次変換ですけど、
\[\begin{pmatrix}a & b\\c & d\end{pmatrix}\begin{pmatrix}x\\ y\end{pmatrix}=\begin{pmatrix}ax+by\\ cx+dy\end{pmatrix}\]という行列の計算規則を踏まえれば、この問題は解けます。

受験数学の理論 7 行列と1次変換/2次曲線問題集 (駿台受験シリーズ)

新品価格
¥1,620から
(2017/9/2 17:29時点)

問題 CL-15 の解答

 1次変換によって移される前の点がみたす曲線上の点 (α, f(α)) における接線の方程式は
 
\[y-f(\alpha)=f'(\alpha)(x-\alpha) \tag{2}\]
となります。次に移される前の点 (x, y) が、移されたあとの点 (X, Y) によってどのように表されるか調べます。

 つまり問題で与えられた変換とは逆順に (X, Y) から (x, y) への変換がどのような形になっているかをみるのです。ここでは逆行列を用いますが、そうした手法を知らない場合でも問題で与えられた1次変換式 (1) から X = F(x,y) と Y = G(x, y) を解いて x = f(X, Y), y = g(X, Y) を得ることができます。

 式 (1) の両辺に左側から逆行列をかけて
 
\[\begin{pmatrix}x\\ y\end{pmatrix}=\frac{1}{3}\:\begin{pmatrix}3 & -1\\0 & 1\end{pmatrix}\begin{pmatrix}X\\ Y\end{pmatrix}=\begin{pmatrix}X-Y/3\\ Y/3\end{pmatrix}\]
となるので、これを式 (2) に代入して整理すると
 
\[\frac{1}{3}\:(1+f'(\alpha))Y-f(\alpha)=f'(\alpha)(X-\alpha) \tag{3}\]
という方程式を得ることができます。ところで X, Y もまた曲線 y = f(x) 上の接線の上にあるので、式 (2) と同じ形になっていなくてはなりません。そこで (2) の y の係数と (3) の Y の係数を比較すると
 
\[\frac{1}{3}\:(1+f'(\alpha))=1\]
となるので \(f'(\alpha)=2\) となります。改めて \(\alpha\) を x で置き換えると、 \(f'(x)=2\) となり、これを積分して
 
\[f(x)=2x+C\]
という曲線を得ることができます( C は積分定数)。

 ≫ [問題16] 双曲線の接線と面積 ≫ 数学演習問題

スポンサーリンク
スポンサーリンク
末尾広告
末尾広告

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください