分数の足し算(工夫して計算しましょう)

問題 10 分数の足し算

 次の足し算を計算してください。
 
\[\frac{1}{6}+\frac{1}{12}+\frac{1}{20}+\frac{1}{30}+\frac{1}{42}\]
 

問題 10 のヒント(高校数学でよく使われるテクニックです)

 まともに通分して計算しようとしても、イライラして「きいっ」とペンを投げ捨ててしまうことになります。「何か上手い方法はないかなー」と考えてみましょう。高校数学の数列という分野でよく使われるテクニックです。
 
 
 

解答 10(分数を分解します)

 分母の規則性に目をつけます。たとえば最初の数は
 
\[\frac{1}{6}=\frac{1}{2\times 3}=\frac{1}{2}-\frac{1}{3}\]
のように分解できます。「???」と思った場合は右の式を計算して確認してみましょう。
 
\[\frac{1}{2}-\frac{1}{3}=\frac{3-2}{6}\]
というように、分子が 1 で分母が 1 つ違いの分数同士を引き算すると、通分した時にかならず分子の差が 1 となりますね。他の数も同様に
 
\[\begin{align*}\frac{1}{12}=\frac{1}{3\times 4}=\frac{1}{3}-\frac{1}{4}\\
\frac{1}{20}=\frac{1}{4\times 5}=\frac{1}{4}-\frac{1}{5}\\
\frac{1}{30}=\frac{1}{5\times 6}=\frac{1}{5}-\frac{1}{6}\\
\frac{1}{42}=\frac{1}{6\times 7}=\frac{1}{6}-\frac{1}{7}\\\end{align*}\]
と分解できます。これらを全て足し合わせると
 
\[\frac{1}{2}-\frac{1}{3}+\frac{1}{3}-\frac{1}{4}+\frac{1}{4}-\frac{1}{5}+\frac{1}{5}-\frac{1}{6}+\frac{1}{6}-\frac{1}{7}\]
となります。よく見ると最初の数と最後の数以外は隣り合った数同士で消えてしまいますね。なので答えは
 
\[\frac{1}{2}-\frac{1}{7}=\frac{5}{14}\]
となります。こうした方法を難しい言葉で「部分分数分解」といいます。

 ≫ [問題11] 消費税の計算方法を学びましょう


 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。