2 項展開/分母の有理化/近似分数

 

AG-04 2 項展開

 $(x+y)^6$ を展開してください。
 

AG-04 のヒント

 2 項定理 を使って展開します。
 展開式の各係数が左右対称になることを意識しておくと計算しやすくなります。

 ≫ [Amazon 数学書籍] マンガ「代数学」超入門(足し算引き算から2次方程式まで)
 ≫ [Amazon 数学書籍] 大学院への代数学演習

問題 AG-04 の解答

 2 項定理の公式は次のようになります。
\[(x+y)^n=\sum_{k=0}^n{}_n\mathrm{C}_k\:x^{\:k}\:y^{\:n-k}\] 上式で $n = 6$ とおくと
 
\[(x+y)^n=\sum_{k=0}^6{}_6\mathrm{C}_k\:x^{\:k}\:y^{\:6-k}\]
となるので

 (x + y)6 = x6 + 6C1 x5y + 6C2 x4y2+ 6C3 x3y3 + 6C4 x2y4 + 6C5 xy5 + y6

 ここで nCk = nCn-k という関係を使うと

6C1 = 6C5 = 6, 6C2 = 6C4 = 15

となるので、

 (x + y)6 = x6 + 6 x5 y + 15 x4 y2 + 20 x3 y3 + 15 x2 y4 + 6 x y5 + y6

が得られます。ちなみに下図のようなパスカルの三角形を使うと簡単に係数を決めることができます。 ≫ [問題05] 分母の有理化

 パスカルの三角形図
 
 

AG-05 分母の有理化

 次の式を有理化してください。
\[\frac{1}{1+\sqrt{2}+\sqrt{3}}\]
 

AG-05 のヒント

 分母にある式のうち、1つの項をマイナス符号にしてかけます。
 

≫ [Amazon 数学書籍] 新 A クラス中学代数問題集
[内容:正の数と負の数の加減乗除/文字式の計算/式の値/1次方程式の解法/1次不等式の解法/単項式と多項式の加減乗除/連立2元1次方程式の解法と応用/連立3元1次方程式の解き方]

 

AG-05 の解答

\[\begin{align*}\frac{1}{1+\sqrt{2}+\sqrt{3}}&=\frac{1+\sqrt{2}-\sqrt{3}}{(1+\sqrt{2}+\sqrt{3})(1+\sqrt{2}-\sqrt{3})}\\
&=\frac{1+\sqrt{2}-\sqrt{3}}{(1+\sqrt{2})^2-3}\\
&=\frac{1+\sqrt{2}-\sqrt{3}}{2\sqrt{2}}\\
&=\frac{2+\sqrt{2}-\sqrt{6}}{4}\end{align*}\]
 

有理化の基本と応用

 たとえば \(1/\sqrt{2}\) のように、分母に無理数が含まれる場合、数学の慣例として、分母を有理数である形に直したほうがよいとされています。それには実に深い理由があるのですが、難しい話になってしまうので、ここでは触れません。ただ、美的観点からも、分母に根号があるのは確かに美しくないのです。それでは \(1/\sqrt{2}\) を変形してみましょう。やることは簡単です。分子と分母に $\sqrt{2}$ をかけて、
\[\frac{\sqrt{2}}{\sqrt{2}\sqrt{2}}=\frac{\sqrt{2}}{2}\]となります。このような作業を 分母の有理化 とよびます。実際問題としても、$\sqrt{}=1.414$ などを使って近似値をもとめるときに、分母を有理化したおいたほうが
\[\frac{\sqrt{2}}{2}=\frac{1.414}{2} = 0.707\]というように計算しやすいのです(有理化していない場合は $1$ を $1.414$ で割ることになります)。もう少し練習してみましょう。
\[\sqrt{\frac{2}{3}}\]について、分子と分母に $\sqrt{3}$ をかけると
\[\frac{\sqrt{6}}{3}\]となりますね。でも、いちいち「分子と分母に ...... 」と考えるのも手間なので、こういう簡単な場合は次の公式を覚えてしまいましょう。

\[\sqrt{\frac{a}{b}}=\frac{\sqrt{ab}}{b}\]

 もう少し複雑な例を見てみます。
 
\[\frac{1}{\sqrt{2}+\sqrt{3}}\]
 分母に 2 つも根号がありますね。初めて見たときは、どうしていいのかわからないものですが、

\[(a+b)(a-b)=a^2-b^2\]

という公式を思い出してください。つまり、分子と分母に $\sqrt{2}-\sqrt{3}$ をかけると、有理数に変えることができるのです。
 
\[\frac{1}{\sqrt{2}+\sqrt{3}}=\frac{\sqrt{2}-\sqrt{3}}{(\sqrt{2}+\sqrt{3})(\sqrt{2}-\sqrt{3})}=\frac{\sqrt{2}-\sqrt{3}}{2-3}=\sqrt{3}-\sqrt{2}\]
 分母がなくなって、すっきりした形になりましたね。
 これも公式を覚えてしまうと計算が楽になります。

\[\begin{align*}
\frac{1}{\sqrt{a}+\sqrt{b}}=\frac{\sqrt{a}-\sqrt{b}}{a-b}\\
\frac{1}{\sqrt{a}-\sqrt{b}}=\frac{\sqrt{a}+\sqrt{b}}{a-b}\end{align*}\]

 

AG-06 √3 の近似分数

 ある数 x を次のように連分数展開します。
\[x=a_0+\frac{1}{a_1+\cfrac{1}{a_2+\cfrac{1}{a_3+\cfrac{1}{\cdots \cdots }}}}\]このとき、a3 より後ろの分数を打ち切って、
\[x=a_0+\frac{1}{a_1+\cfrac{1}{a_2+\cfrac{1}{a_3}}}\]としたとき、
\[k_3=[a_0,\: a_1,\: a_2,\: a_3]\]と書いて x の第 3 近似分数とよびます。

(1) √3 を連分数展開して、第 6 近似分数を求めてください。

(2) (1) で求めた分数を小数に直してください。
  ただし、小数点以下 5 桁で解答するものとします。
 

AG-06 のヒント

 √3 = 1 + (√3 - 1) と書けます。
 
 

AG-06 の解答

 √3 = 1 + (√3 - 1) と書けるので、途中まで連分数展開してみると
\[\begin{align*}
\sqrt{3}&=1+\frac{1}{\cfrac{1}{\sqrt{3}-1}}=1+\frac{1}{\cfrac{2+\sqrt{3}}{2}}=1+\frac{1}{1+\cfrac{\sqrt{3}-1}{2}}\\
&=1+\frac{1}{1+\cfrac{1}{\cfrac{2}{\sqrt{3}-1}}}=1+\frac{1}{1+\cfrac{1}{\sqrt{3}+1}}
\end{align*}\]
となり、最後の分母に √3 がまた現れます。以降の展開は繰り返しになりますから、第 6 近似分数は
\[k_6=[1,\: 1,\: 2,\: 1,\: 2,\: 1,\: 2]\]
と書けます。連分数は [ ... ] の後ろにある 1, 2 の部分から順に後ろから前へ計算します。

1 + 1 / 2 = 3 / 2

次はこの逆数の値に 2 を加えます

2 + 3 / 2 = 8 / 3

こうして順次 [ ... ] を後ろ向きに計算していくと

1 + 3 / 8 = 11 / 8

2 + 8 / 11 = 30 / 11

1 + 11 / 30 = 41 / 30

となって、第 6 近似分数

1 + 30 / 41 = 71 / 41

が得られます。

(2) 第 6 近似分数を計算してみると

71 / 41 = 1.73171

が得られます。ちなみに正確な値は 1.73205 ですから、まずまずの近似だといえるでしょう。このように、小数表記では全く循環しない無理数であっても、連分数表記では [ ... , 1, 2, 1, 2, .... ] という単純な周期をもっていることは驚きですね。

 ≫ 代数学演習問題


 

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。