独り暮らしの木下君、今月の生活費が足りなくなってきたようです

 『あとりえこばと出版』のアルバイト、木下達郎君は都内のアパートで独り暮らしをしています。木下君は財布を覗き込んで「まずいっす。今月はこのままじゃ足りないっすよ。飲み会にも行けないっすよ」と言って肩を落としています。

問題42 木下君の生活費

 ある月の 20 日を過ぎた頃、木下君の生活費が少なくなってきました。 1 日に 2100 円使うと月の終わりに 1700 円の赤字となってしまいます。 1 日 2000 円に抑えても 1000 円の赤字です。さて、この月の生活費は残りいくらとなっているでしょう?

問題42 のヒント(過不足算)

 過不足算です。「差」が積み重なるのです。

賢くなるパズル たし算 中級 (宮本算数教室の教材)

中古価格
¥378から
(2017/9/7 05:49時点)

解答42(1日あたりの差が積み重なるのです)

 1700 円と 1000 円の赤字。その差は 700 円ですが、どうしてこの違いが生じたのかというと、1 日あたり

2100 - 2000 = 100 円

の差が積み重なったからです。ですから積み重なった 700 円を 1 日あたりの差 100 円で割ると残りの日数が得られます。

700 ÷ 100 = 7 日

なので木下君の所持金は

2000 × 7 - 1000 = 13000 円

ということになります。 ≫ [問題43] 損失を出さない価格 ≫ 算数問題31-60

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください